スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『楽訓』 貝原益軒

養生訓 ほか (中公クラシックス)
松田 道雄
4121600851


 『貝原益軒 養生訓ほか』(中公クラシックス)は養生訓、楽訓、和俗童子訓の三作を収めています。 

 養生訓と和俗童子訓は収めている本は多いのですが、楽訓はあまり見かけません。中公クラシックスには楽訓が収められているので貴重です。私は以前より楽訓を読んで見たかったので、本書に楽訓があるのを知って、喜びました。

 結論を言うと、なかなか面白いエッセイです。有名な養生訓よりも上ではないかと思います。

 貝原益軒は儒教と仏教を取り込んだ上に、自分の人間観、健康観を加えて独自の思想に到達しました。楽訓では、生きることの楽しみについて語っていますが、彼のいう楽しみには仁と少欲知足が欠かせない条件となっています。

 人は幼時から聖人の道を学び、わが心に天地より生まれつきもらった仁を行って、みずからも楽しみ、人にも仁をほどこして楽しませるがいい。仁とは何か。あわれみの心を本として、行い出したいろいろの善をすべて仁という。仁とは善の総称である。


 仁を行えば楽しい。そのことがまず語られます。仁は単に道徳という意味ではありません。人間に備わる基本原理のような意味合いがあります。抽象的でちょっとわかりづらいかもしれませんが、今はただ漠然と捉えておきましょう。言わんとすることがだんだんわかってきます。

 およそ人の心には、天地よりもらった至高の和の元気がある。これが人の生きている理である。草木が生長してやまぬように、つねにわが心のうちには天機が生きてやわらぎよろこぶ勢力の絶えないものがある。これを名づけて楽しみという。これは人の生理であるから、同時に仁の理である。


 人間にはもともと元気があり、内面に楽しみがあるというのです。老いて衰えることも病も人間にはありますが、益軒はそのような人間の暗い面はあまり見ないようです。このあたりは仏教のシビアな現実認識と違います。原則的にポジティブです。普通の人が受け入れやすいのも益軒の特徴でしょう。

 人の心には本来この楽しみがある。私欲の行いさえなければ、いつでも、どこででも楽しいはずだ。これが本性から流れ出た楽しみである。外に求めるのではない。わが耳・目・口・鼻・形の五官は外物に接して色を見、声を聞き、物を食い、香をかぎ、からだを動かす。この五つのわざを静かに欲少なく暮らせば、行きもかえりも楽しくないものはない。これは外物を楽しみの本としないからである。また外物にふれて、その歓喜の力によって楽しみがはじめて出てくるのでもない。本来人の心に生まれつきの楽しみがあるゆえ、外物にふれて、その助けを得て内にある楽しみがさかんになったのである。


 内にある楽しみはきっかけを与えれば盛んになる。しかも欲を少なくして、私欲を離れていないとその楽しみは得られないのです。私たちはついつい強い刺激を求めがちですが、それは違うと益軒はいいます。外物の助けを得るだけでいいのです。そうすれば楽しみは内からわいてきます。

 養生訓を読むと益軒は過度を嫌っています。飲食などでも「ほどほど」を養生の要件としています。過度は身を破ることになる。慎まなければならない、と益軒は警告します。楽しみを得ることも同様です。外物を過度に求めることは慎まなければなりません。

 この後、益軒は人間関係や貧のあり方について、さらには自然の楽しみ、読書の楽しみを語ります。

(つづく)

老いてますます楽し―貝原益軒の極意 (新潮選書)
山崎 光夫

老いてますます楽し―貝原益軒の極意 (新潮選書)
養生訓―全現代語訳 (講談社学術文庫 (577)) 健康の天才たち (新潮新書) 心と体のことわざ養生術 50歳から貝原益軒になる 戦国武将の養生訓 (新潮新書) いつまでも「老いない脳」をつくる10の生活習慣 (WAC BUNKO)
by G-Tools

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

『「騙されない!」ための経済学』 森永卓郎

「騙されない!」ための経済学 モリタク流・経済ニュースのウラ読み術 (PHPビジネス新書 55) (PHPビジネス新書 55)
森永 卓郎
4569648975


 よく耳にする経済用語を大衆の味方ともいうべきエコノミストの森永卓郎氏が解説しています。金持ちが支配するこの社会とはどういうものかという視点で書かれているのが特徴です。

 たとえばこんな言葉が出てきます。

権力の側にいる者が、その他の無知な大衆から収奪する、これが資本主義の本質です。


お金持ちにとって非常に都合のいい存在に、いまや庶民はされつつあるのです。


 権力にいる側が標榜しているのが、資本主義であり、新自由主義であり、市場主義経済です。それは人間を道具と考えて、金と権力を持つ人間=大企業の経営者が儲けられるだけ儲ける経済のあり方です。 
  
 森永氏はこのような米英日本の経済のあり方に憤っています。ですからけっして無味乾燥な経済用語の解説に終わってはいません。

 とりわけアメリカに対しては辛らつです。

いまのアメリカは金融と情報とエンターテインメントだけの水商売国家です。水商売の常として、お客が入っているときはいいものの、いったん信用を失い客足が遠のいたら、再び盛り返すのは容易ではありません。


 本書は2008年4月発売で、株価大暴落の前に書かれています。最近になって急にアメリカ経済批判をしたわけではありません。以前よりこのような反米的ともいうべき発言をしていました。そこは大いに評価できると思います。

アメリカにはドルが安くなっても、世界中の人が買いたいと思うものがありません。仮に1ドル=10円になったとしても、ミサイルや戦車を買おうという人はあまりいないでしょう。これが水商売国家の怖いところです。


 ということはアメリカが復活するには保護主義に走る以外には対策はないということになります(それでも復活するのは大変でしょうけど)。アメリカの国債をさらに買わされた上に保護主義になられたら日本としてはかなりつらいことになるでしょう。

 森永氏のお金持ちに対する評価というのがまた面白いので紹介しておきましょう。

 一般大衆は、勝ち組の実情を知らないので、お金持ちになればこの世はバラ色に違いないと信じています。

 ところが、一般大衆が憧れる年収何億円、何十億円という人と話をしてみると、あまりしあわせそうには見えません。私はそういう人たちを何十人も知っていますが、みんなどこかに不安を抱えて怯えています。それはなぜかというと、お金が減ることが怖いのです。そういう人たちにとってはお金が自分の価値であり、人生の幸福の尺度ですから、一万円でも減ればその分自分の価値が下がり、幸福度合いが減ってしまう、それが耐えがたい苦痛なのでしょう。
 他人の痛みも、しあわせの意味もわからないまま、ひたすらお金儲けだけに血道をあげていると、こういう貧しい人生しか送れなくなってしまうのです。


 森永氏は以前からほどほどの収入で趣味を楽しんで暮らす人に共感を寄せていました。そういう人が安心して暮らせる社会を理想と考えているようです。私が共感できるめずらしいエコノミストです。(追記:テレビでの言動はどうもいけませんが…)

 このところの金融不安や不景気により経済に興味を持った人にお勧めしたい一冊です。

こんなニッポンに誰がした―森永卓郎の政治経済学講座
森永 卓郎

こんなニッポンに誰がした―森永卓郎の政治経済学講座
「騙されない!」ための経済学 モリタク流・経済ニュースのウラ読み術 (PHPビジネス新書 55) (PHPビジネス新書 55) モテなくても人生は愉(たの)しい 世界金融危機 (岩波ブックレット NO. 740) 「気になる保護者」とつながる援助―「対立」から「共同」へ 構造改革の時代をどう生きるか 成果主義・拝金主義を疑え!
by G-Tools

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

『ギャンブル依存症』 田辺等

ギャンブル依存症 (生活人新書)
田辺 等
414088052X


 ギャンブルにハマって損してもやめられなくなってしまう人がいます。借金を重ねたり、生活を破壊するほどになれば、ギャンブル依存症という病気です。

 ギャンブル依存症になりやすい人には、こんな心理的背景があります。

・日常生活での充足感、充実感に欠けていた
・自分への肯定感がもてない、他者と比較してダメな感覚があった
・仕事(学業)に取り組んでいる自分が本当の自分ではない気がする
・何を目標として生きるべきかを見失っていた
・空虚、空白、憂うつな気分が続いた

 これらを心理学的に言い換えると、1.フラストレーション(欲求充足不全)の問題 2.セルフエスティーム(自尊感情)の問題 3.アイデンティティー(自己同一性)、とくに職業的アイデンティティーの問題、4.空虚さや軽い抑うつ感等、気分の問題ということになります。


 このような状態にある人がギャンブルをやり、ビギナーズラックなどで買ってしまうと、有能感を持ち、日常の不満が吹き飛び、気分のよさを味わうことになり、ギャンブルにハマっていくのです。

 このあたりの心理のあり方は他の依存症、たとえばアルコール依存症や買い物依存症などと共通のようです。

 しかし、ギャンブルは勝ちよりも負けが多いものです。それなのになぜギャンブルが嫌にならないのでしょうか。

 人間の心理では、Aの行為では必ずBの報酬があると学習する効果よりも、行為Aによって間欠的に報酬Bがあるほうが、行為Aやそのバリエーションへの執着が高まるということがあるのです。


 つまり、負けが多くてたまに勝つ方がハマりやすいのだとか。ちょっと理解しがたい心理ですが、たしかにいつもうまくいくものは面白くはないのでしょう。あれこれ工夫をしてうまくいけば楽しい、と思えるものです。

 さらに、その勝つための工夫と勝ちという結果の間に因果関係はほとんどないもしれませんが、ギャンブルをする人は必勝パターンの発見にこだわるようです。

 借金を重ねる心理も一般には理解しがたいものです。 

 ギャンブル依存症が進むと買ったお金で何かを買うことはなくなり、儲けたお金は次のギャンブルの軍資金になります。そしてすべてをすってしまうまで続けることになります。

 もっとギャンブルをやりたくて借金を作った場合、そこでこりてギャンブルをやめると借金というマイナスが残りますが、ギャンブルで大きく勝てば借金が返せるとギャンブラーは考えます。そして、借金が膨らみます。

 ギャンブルの依存症の治療はグループミーティングが有効だとされています。同じギャンブル依存症の患者が集まっていろころと自分の体験が気持ちを話し、それを聞きあうミーティングです。ギャンブラーズ・アノミマス(GA)といいます。

 アルコール依存症のアルコホール・アノミマス(AA)と同じようなものです。

 ここで体験を共有しながら、人生をやりなおそうとするわけです。著者はこういいます。

 ギャンブルを上手にコントロールできるというような治癒はない。病気、それ自体は治らない。しかし、ギャンブルをやめながら人生を健康に行き直すというような回復はあるのです。


 そこで想定されている健康な人生というのは、まともに働き、家族とともに幸福に暮らすことのようです。しかし、健康な人生などといってもそれができないから、元の人生に不満があるから依存症になったのに、どうすれば健康な人生が戻るのでしょうか。

 以前の生活にそのまま戻ってもしょうがありません。むしろ生活を大きく変えないとならないでしょう。このあたりのことにはあまり触れられていません。

 さすがにそこまでいくとギャンブル依存症の問題ではなく、一般的なカウンセリングの問題になるのかもしれません。

 本書では、共依存の問題にも触れていますが、その話は省略します。

ギャンブル依存とたたかう (新潮選書)
帚木 蓬生

ギャンブル依存とたたかう (新潮選書)
ギャンブル依存症 (生活人新書) 病的ギャンブラー救出マニュアル やめたくてもやめられない脳―依存症の行動と心理 (ちくま新書) 打ったらハマるパチンコの罠―ギャンブルで壊れるあなたのココロ 依存症がよくわかる本―家族はどうすればよいか?
by G-Tools

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

『外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ』松田哲

外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ ~FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード
松田 哲
4774131911


 一時、ドル/円の為替レートが90円くらいになって、大きな話題となりましたが、円高になることは予想されていたようです。

 これまでの円安はいわゆる円キャリートレードによるところが大きく、徐々に進行していたドル安が見えなくなっていたようです。

 円キャリートレードとは、「低金利の円資金を借りて、その円資金を高金利通貨に交換して(外国為替取引をして)、高い利息を得ること」です。

 一方、外貨の利息が高いということは、その国ではインフレが進行しているということです。インフレが進むとはその通貨価値が下落するということです。

 一見、うまくまわっているように見えていても、価値が下落している通貨を買っているのは矛盾です。

 この矛盾を解消するためにクラッシュが起ります。それまで暴騰していた通貨の暴落が起るわけです。ちょっとした下落ならミニ・クラッシュ、大幅に下げればクラッシュと呼ぶようです。

 著者はクラッシュは必ず起るといいます。地球の大陸プレートの歪みを戻すために地震が起るようなものだと表現していて、なるほどと思いました。

 そして今回の急激な円高が起りました。

 本書は、その前に書かれていますし、今回の円高の時期や経緯を予測した本ではありません。しかし、行き過ぎた円安によってやがてクラッシュが起るのは十分予測できることで、そのことを知っていて警戒していた人は大きな痛手を負わずに済んだことでしょう。

 このところFXブームというのがありました。一時的に利益が出ていても、急激に損が膨らんでひどい目にあった人が多数いるとききます。知識のない素人が熱気に釣られて投資に手を出すのはやはり危険なのですね。

 レバレッジという名の借金をしてまでFX(外国為替証拠金取引)をする人はそれなりの勉強が必要ということでしょう。少なくとも損切りが自動的に出来るような設定が必要です。

 お気をつけください。

 本書の後半はトレードテクニックになっていますが、その紹介や評価については省略します。 

投資で浮かぶ人、沈む人
松田 哲

投資で浮かぶ人、沈む人
FXの教科書 外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ ~FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード 着物トレーダーを卒業せよ陳満咲杜の為替の真実 FX革命! 利益を上げるFXの鉄則 落とし穴にはまらないための8つの鍵
by G-Tools

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

『微笑みを生きる <気づき>の瞑想と実践』 ティク・ナット・ハン

微笑みを生きる―“気づき”の瞑想と実践
アーノルド コトゥラー Thich Nhat Hanh Arnold Kotler
4393332164


 ヴェトナム出身の禅僧による仏教的エッセイです。タイトルには瞑想と実践とありますが、実践方法についての解説が多いわけではありません。

 ナット・ハンにおいて基本となる瞑想は「意識的呼吸」です。

 「息を吸ったら、「息を吸いながら私はいま息を吸っていることに気づいている」。息を吐きながら、「息を吐きながら私はいま息を吐いていることに気づいている」。と、こころのなかでつぶやきます。これだけの練習です。慣れてきたら、このようにながながとつぶやく必要もありません。「吸う」、「吐く」の二語で十分です。」

 「この練習をつづけてゆくと息が鎮まり穏やかになってゆき、こころと体も鎮まり穏やかになってゆきます。」

 「このように呼吸をし、微笑むだけで私たちは幸せな気持ちになります。」

 基本的な瞑想はこれだけです。簡単で効果的です。実際、やってみるとすぐに気持ちが落ち着いてきます。微笑むというのも重要なポイントのようです。

 ちなみにテーラワーダ仏教ではこれはサマタ瞑想に分類されるものです。テーラワーダ仏教ではヴィパッサナー瞑想こそがブッダの瞑想法だとしています。

 「意識的呼吸法を練習してゆくと、考えごとが減り、体全体が本当にくつろいできます。私たちは1日じゅう考えごとばかりしています。気づきの呼吸を行うと、こころが鎮まり、落ちついてきます。過剰な思考の連続から開放されて、過去の悲しみ、未来の心配事から自由になります。呼吸に戻ることによって、いまここに充足しているいのちに触れることができるのです。」

 このような効果はあるだろうと思われますし、実践しやすいのでお勧めですけど、さて、その先はどうなのでしょうか。本格的なヴィパッサナー瞑想へは進まないようなのです。

 ナット・ハン流の気づきの瞑想というべきものも紹介されています。たとえば、食事のときの気づきの瞑想。

 「食べものは私たちと大地のつながりを教えてくれます。ひと口ずつ噛みしめると、太陽と大地のいのちが伝わってきます。私たちが口にする食べものが、どれくらいその意味を明かしてくれるかは、それを口にする私たちしだいです。ひときれのパンのなかに全宇宙を見出し、味わうことだってできるのです!」

 ナット・ハンは一緒に食事をする人に気づくことや自分が食事できることは恵まれているのだと気づくことにも言及しています。

 世界とのつながりを感じたり、食事が出来ることに感謝をしたりして食事をするのは普通に考えれば素晴らしくいいことでしょうが、これは思考です。ヴィパッサナー瞑想ではありません。どう評価していいのか悩みます。

 ウォーキング・メディテーション(歩く瞑想)では、まず最初に呼吸に意識を向けます。

 「たとえば、息を吸いながら三歩、息を吸いながら三歩歩きます。「吸って、吸って、吸って。吐いて、吐いて、吐いて」とくちずさむのです。こころのなかで「吸って」とつぶやいてみると、吸う息と歩みが一体となります」

 「それから、大地とあなたの足が接する、その感触に気づいてみてください。一歩歩むごとに、そっと大地にキスするように歩きます。(略)大地のおもてに私たちの平和と静寂を返して、愛を分かち合う。そんなふうに歩くのです。」

 実際の足の状態や感触を観察するのではなく、頭の中で作ったイメージですね。やはりヴィパッサナー瞑想ではありません。ニューエージ系のメディテーション法のようです。

 気分は良くなるでしょう。リラックスもできるでしょう。いささか無味乾燥なヴィパッサナー瞑想よりも魅力があるかもしれません。続けやすいでしょう。しかし、これは仏教でしょうか。疑問を感じます。

 次は概念について。

 インタービーイング(相互共存)というナット・ハンの造語があります。いろいろなものは相互に依存しあって存在しているという考えです。

 たとえば一枚の紙があるとして、その紙が存在するには木が育つための太陽が必要で、木こりが必要で、木こりが生きるためのパンが必要で、…。と、連鎖をたどっていけばすべてが必要であることに気づくというのです。

 さらに、バラの花と生ごみも相互に支え合っていて、不浄と清浄、汚れと無垢も頭で作った対立概念に過ぎないということです。

 これは仏教の縁起説を美しく表現したものです。説明のしかたによってずいぶんとイメージが変わるものだなと思いました。

 ナット・ハンの表現には太陽とか花とか子どもとか出てきて、気分が良くなるイメージをまぶしながら説明をしてくれるので、読書をしていると気分がよくなるという利点があります。このあたりが人気なのかもしれません。

 瞑想法については疑問も呈しましたが、テーラワーダ系の厳しい瞑想実践になじめない人はナット・ハンの呼吸法とインタービーイングの気づきからはじめるのもよいのではないでしょうか。継続しやすいように思います。

 実を言うと、私はテーラワーダの瞑想を2ヶ月ばかり続けたことがあります。挫折しました。ふとしたときに呼吸を意識するというのは簡単ですし、気持ちが落ち着きます。インタービーイングの美しいイメージも楽しいものです。

 意志の弱い軟弱者にはナット・ハンの瞑想から入っていくのがちょうどいいのではないでしょうか。

Present Moment,Wonderful Moment―この瞬間がすべての幸福
星 飛雄馬

Present Moment,Wonderful Moment―この瞬間がすべての幸福
仏の教え ビーイング・ピース―ほほえみが人を生かす (中公文庫) あなたに平和が訪れる禅的生活のすすめ―心が安らかになる「気づき」の呼吸法・歩行法・瞑想法 ティク・ナット・ハンの抱擁 「気づきの瞑想」で得た苦しまない生き方 ブッダの青年への教え―生命のネットワーク「シガーラ教誡経」
by G-Tools

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。