スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもは「保険」にはならない

 最後は生活白書が指摘するところの「保険としてのメリット」です。『平成17年版国民生活白書』によれば、それは「どちらかが病に倒れるなどの不測の事態が生じたときに、配偶者と助け合える」ことです。

 生活白書では、配偶者と限定して書かれているが、子どもがいれば、当然子どもに助けられることもあるでしょう。子どもが小さいうちは保護の対象ですが、子どもが働くようになれば逆に面倒を見てもらうことは可能です。

 ところが最近は子どもには頼りたくないという人が増えています。平成17年度の生活白書によると、老後の暮らしを子どもに「たよるつもり」と答えた割合は20%以下となっています。年齢別にみると、男女とも若い人ほど「たよるつもり」が少なく、年をとるほど増えてきます。若い世代ほど子どもに頼りたくないと考えてもいます。

 内閣府「国民生活選好度調査」では、老後働けなくなったときの生活費をたずねています。1999年の数字で、年金・恩給で暮らすが59.1%、貯金や財産で暮らすが25.5%、子どもに面倒をみてもらうが4.2%となっています。生活費に限れば、子どもに頼る考えはほとんどありません。

 経済面では子どもには頼らないことはもはや常識となっています。それ以外の面でも子どもの頼らない傾向は顕著です。現在の日本では、子どもは保険ではないということです。

 子どもはただ育ててあげるだけ。楽しみとして子どもを育てたら、それで終わりです。とくに見返りを期待しているわけではありません。育てること自体が楽しみであり、生きがいなのです。

 子育て後には親子が一緒に暮らさないことを示すデータもあります。高齢者がどういう家族環境にあるかを調べた18年度の生活白書では、60歳以上の者がいる世帯全体において三世代同居が激減しています。単独世帯は8.8%から20.4%と倍増し、夫婦のみ世帯も14.6%から30.4%へと倍増しています。

 楽しみとして子どもを育てても、自分が年をとれば、子どもとなはれ、さらに配偶者ともはなれ、最後は一人で暮らすことになります。そのような道筋が見えてきます。

 結婚し、子どもができても、面倒を見てもらうことは少ないのです。子どもには保険のメリットは期待してはなりません。これは間違いのないことでしょう。

 そうしてみると生活白書が「保険としてのメリット」を「配偶者と助け合える」として規定したのは正解でした。子どもは保険ではないということを認識しているのです。

おひとりさまの老後
上野 千鶴子

おひとりさまの老後
老いる準備―介護することされること 今、親に聞いておくべきこと 恐くないシングルの老後 (朝日新書51) (朝日新書 51) (朝日新書 51) 老後がこわい (講談社現代新書) 「ひとりの老後」はこわくない
by G-Tools

テーマ : 将来の不安
ジャンル : 独身・フリー

妻の死亡リスクを高める夫の存在

 子どもとの関係では「安らぎ」とはほど遠い父親ですが、奥さんとの関係はどうでしょうか。

 都市部での夫婦のコミュニケーションのスタイルを分析したところ、「沈黙」が最も多く、36.4%でした。「妻だけ会話」が32.4%、「対話」が22.7%、「夫だけ会話」が8.5%でした。地方では「対話」が約3割です。(ニッセイ基礎研究所の調査「日本の家族はどう変わったか」1994年)

 夫婦が黙っている時間が長く続き、やがて妻が一方的にしゃべりはじめます。夫がたまにそれに答えて夫婦の対話が少しあります。たまに思い出したように夫がなにかをいいます。夢見ていた「団らん」「やすらぎ」の実態はこのようなものです。

 1989年の古い調査ですが、男女の意識の変化を示す面白い結果を示しているのでとりあげましょう。(総務庁「長寿社会における男女別の意識の傾向に関する調査報告」1989年)

 「老後に大切なものは?」という質問に「良好な夫婦関係を保つこと」と回答した男女の割合です。

 30代では、男性18.5%、女性20.7%と女性が上回っています。
 40代では、男性22.8%、女性16.5%と男女で逆転し、女性が下回ります。
 50代では、男性23.2%、女性12.1%と女性がさらに減少します。
 60代では、男性25.8%、女性10.0%と女性は男性の半分以下まで減ります。

 男性は18.5%→25.8%と伸びているのに対して、女性は20.7%→10.0%と激しく落ち込みました。男性がよい夫婦関係を持とうと思い始めた頃には、女性の方はいい夫婦関係などもう必要ない、と冷めていきます。長年の経験によりそれは無理だとあきらめたのかもしれません。

 高齢になると、妻にとって夫は忌まわしい存在となります。恐ろしいことに女性高齢者にとって夫の存在は死亡につながる一番のリスクになってしまいます。

 愛媛大医学部の藤本弘一郎助手の調査(2002年)では、「夫がいる」女性の死亡リスクは、「いない人」女性の55%も高いそうです。直接の死因には登場しませんが(当たり前だ)、死亡リスクを高める最悪の原因になっています。

 家事を手伝わない夫はなにかと手がかかります。どっかと居間に座り、食事が出るのを待っていて、食事の出るタイミングやメニュー、味について文句ばかりいいます。自分で何もできないので妻が家を空けるのをいやがり、妻は外出もままなりません。妻が友達と会おうとして外出しようとすると、「おれも」と一緒についてくることもあります。このような夫はストレスの原因であり、存在そのものが悪といってもいいでしょう。

 男性にとってはまったく逆になります。「妻がいない」男性の死亡リスクは、「いる」 男性の79%も高くなります。夫がいかに妻に依存して生きているかがわかります。

 だから、男は結婚した方が有利なのだと開き直ることもできますが、死亡リスクを高める存在となってまでも結婚している意味があるのでしょうか。少なくとも結婚に団らんとやすらぎを求めていたはずです。それがまったく逆の存在になってしまうとは、なんとも悲しい末路です。

 とにかく子どもにとっても、妻にとっても、ストレスフルでいやな存在なのが父親=夫です。父親(夫)はお金だけを振り込んでくれれば、いない方がいいのです。これが真実です。「亭主元気で留守がいい」はまさに本音のコピーだったのです。


夫よ、あなたがいちばんストレスです!
村越 克子

夫よ、あなたがいちばんストレスです!
妻が夫にイライラする本当の理由 「未熟な夫」と、どうつきあうの? 「未熟な夫」に、ホトホト困っているあなたへ お父さん、怒鳴らないで―殴られるより苦しいよ! 夫をうとましく思う妻の心がわかる本 (こころライブラリーイラスト版)
by G-Tools

テーマ : 旦那さんのこと。
ジャンル : 結婚・家庭生活

父性愛は存在しない

 父親が子どもとせっする時間が少なくて、存在感の薄い存在であることはわかりました。では、父親は子どもを愛しているのでしょうか。子どもを大切にしているのでしょうか。 さらには、そもそも男性に父性愛などあるのでしょうか。そんな疑問もわいてきます。

 離婚した男はなかなか養育費を払わない実態を見ればその答えはわかります。

 離婚した父親からの養育費の受給状況は、「受けたことがない」が66.8%と最も多くなっています。男性側が「生活費を渡さない」ことが離婚の理由となっているケースが22%(2000年)ですから、離婚が誘引となってお金を出さない人が3倍になっていることがわかります。

 そして養育費を「現在も受けている」が17.7%にすぎません。しかも「現在も受けている」のは、母子世帯になってからの年数が「0~2年目」が最も多くて26.0%です。(厚生労働省『平成15年度全国母子世帯等調査』)

 養育費の支払い状況はとても悪く、最初のうちだけ養育費を払っても、時間がたつと払わなくなります。男は別れてしまえば自分の子どもにお金を出す気などあまりないのです。離れると「自分の子」という意識すら薄れるのかもしれません。

 このひどい実態を救済するために、民事法が改正され、2005年4月から、養育費を取り決めたとおりに支払わないと、裁判所が制裁金を課すことができるようになりました。さらに元夫の給料などから養育費を天引きすることもできます。「父性愛」など頼りにならないので法律による強制が必要です。

 養育費はそれほど高額ではありません。父親と母親の収入の違いによって幅があるとはいえ、月に3万円から6万円が相場です。収入が少なければ、養育費も少なくなりますから、払えないほどの負担ということはありません。一般には20歳まで支払われるものですから、長くても大学卒業までです。

 父親に子どもを愛する本能があるならば、一緒に暮らそうが離婚して離れて暮らそうが、養育費はきちんと支払うはずです。しかし、実際はそうではありません。けっして無理な負担ではないにもかかわらず、家族関係が解消してしまえば、子育てにお金を出さない人は急激に増えます。そもそも父性などないと考えたほうが理解しやすいのではないでしょうか。

 父親が家族を支えるのは義務感と一緒に暮らすことによる愛着からであって、父性愛でも本能でもありません。離婚によって、そのタガがはずれると、義務感は消え、愛着は薄れ、子どものために金なんか出したくないと思うのです。


↓「NHK爆笑問題の学問のススメ」に2回連続で登場したゴリラの博士です。
父という余分なもの―サルに探る文明の起源
山極 寿一
4403230512


家族の崩壊
四方 寿雄
4623029271

テーマ : パパの育児
ジャンル : 育児

子どもに信頼されず嫌われる父親

 子どもと接する時間が短いことが理由かどうかはわかりませんが、父親は子どもからあまり頼りにされていないようです。

 全国高等学校PTA連合会「高校生と保護者の進路に関する意識調査2003」によると進路選択の相談相手で一番多いのが、母親で79.8%、第2位が友人で65.7%、第3位が高校の担任の先生で44.0%、第4位が父親で42.9%です。母親とはずいぶんと差をつけられたものです。高校生が進路を決めることはむしろ父親と相談すべき問題だと思われるのですが、それでもこの数字です。

 子どもの悩みも知らず相談もされない父親。いったいなんのために父親になったのでしょうか。自分勝手に団らんややすらぎを感じていればそれで満足なのでしょうか。

 若者の携帯向けサイトを運営するメディアシークによる「子からみた父親に対する意識調査」(2007年)からは、女子中高生から父親かどう思われているかがわかってきます。

 「お父さんのことが好き?」という質問にYESが42%、NOが15%、どちらとも言えないが43%でした。

 それほど嫌いわれていないという印象です。どちらともいえないという微妙な回答が一番になっていることが気になります。積極的に嫌われてはいないものの、なんともあいまいな存在になっているようにも思えます。

 別の日に実施した「母親」についての質問では、YESが75%、NOが3%、その他が22%となっていました。

 父親は存在感が薄いのでしょうか。愛憎半ばするアンビバレンツな存在なのでしょうか。少なくとも母親に比べれば人気のないことは間違いありません。

 同じ調査での父親が好きな理由の具体例は次の通りです。

 「世界一のお父さんだから」「優しくてぃつもおもしろくて、ちょっとハゲ?進行?だけどそれをネタにして家族を笑わせてくれるから?」「携帯代払ってくれるから」「懲りずに頑張って親父ギャグを連発してるとことか?」「めちゃ性格よくて最高」「勉強を教えてくれる」「便利」

 好きな理由といっても単純に喜べない理由が多くあることがわかります。

 父親が嫌いな理由は次の通りです。

 「見たくもないくらい嫌いだから」「子供を大事にしないから」「タバコを吸うから(※多数)」「センスが悪いし、酒臭いから」「人間以下だから? 存在がウザい?」「ろくに稼いでこない上に白髪だらけの頭!!顔もやっぱイケメンじゃないしキモス!加齢臭もあるしホントありえないくらい最っ低!ためだったら絶対キモい系だね!」「本当の父親じゃないから」「臭いし話さないから」「加齢臭がヤ」「エロじじい」

 激しい嫌悪感が表れています。「お父さんの下着とあたしの下着を同じ洗濯機で洗わないで」などというのはもはや当たり前です。最近は、小学生や幼稚園でも父親に臭いという女の子がいるといいます。なにかと低年齢化していますから、それが普通の女の子の反応になるのかもしれません。

 「お父さんのような人と結婚したい?」という質問に対する答えは、YESが13%、NOが51%、どちらとも言えないが35%、無効が1%でした。NOが過半数となっていることに注目です。

 結婚したくない理由の具体例は次の通りです。

 「顔が嫌だ」「ウザイしキモイ」「見たくもなぃぐらい嫌いだから」「健康面で気を使っているが体型のせいで病気になりやすいから。健康なひとが1番」「ヘタレな人と結婚は…」「もうちょっと子供のために、動いてほしい?なんか足りない…」「すぐキレるし、私達・娘を気にしないでタバコを吸うから」「人間として最低最悪だから」「妻を大切にしてないから」「あんなに家に帰ってこなくて、自分が偉い、みたいな態度をとっている人は嫌だ」

 父親としては我慢できても、男として見ると耐え難いようです。一般に男の子は父親とうまくいかないものですが、最近は女の子の父親嫌悪が目立ちます。父親嫌悪といいますかオヤジ嫌悪といいますか、とにかく中年男性は嫌われています。

 そんな影の薄い父親がこころがけていることは「子どものテスト結果や成績を知る」(48%)ことです。(くもん子ども研究所による調査、2001年)

 たとえ子どもと接する時間がなくても、子どもから信頼されていなくても、好かれていなくても、家族のために働き、子どもをいい学校に入れるために子どもの成績を気にかける。それが現在の父親像です。

 それでもいいではないかと考える人もいるでしょう。父親が家族を守っているのだ、という自負があればいいではないか、と。

 今まで父親の役割や存在感への疑問を述べてきましたが、内閣府の調査では家で過ごす時間はほとんどの層で減少傾向にあることがわかっています。つまり、家族全員がバラバラになり、家族関係が希薄になっているというのです。

 父親は長時間労働で帰りが遅くなっています。母親も帰宅時間が遅くなる傾向にあります。子どもは塾や習い事へかよう通塾率も伸びています。団らんを楽しみとしているはずの結婚が団らんを失う方向に進んでいます。

 グローバル化や労働の自由化などにより労働環境が厳しくなることで父親の長時間労働が増えました。高学歴化により、子どもは塾に通います。教育費がかかるので母親も賃労働にかり出されます。そうして家族が一緒にいられる時間は減ることになりました。そうした状況の中、とりわけ父親が家族から離れつつあるのです。

お父さんのための1日10分、本気の子育て
松井 直輝

お父さんのための1日10分、本気の子育て
頭のいい子が育つパパの習慣 (PHP文庫 し 39-1) 子育てパパ力検定―公式テキスト&問題集 (Oyakoムック) 忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス 幼稚園園長が書いた子育ての本―あかんおかんの共育問題 父親の7つの行動―お父さん、今こそあなたの出番です
by G-Tools

「家族」という名の孤独 (講談社プラスアルファ文庫)
斎藤 学
4062564610

テーマ : 子育て
ジャンル : 結婚・家庭生活

子どもと接する時間の少ない父親

 これまで見てきたメリット(夫婦の分業のメリット、家族の規模の拡大によるメリット)はどちらも経済的なメリットでした。

 それに対してベッカー教授のあげる三つめのメリットは「その他精神的充足など結婚固有のメリット」は精神的なメリットです。

 『平成17年版国民生活白書』によると「パートナーからの愛情や思いやりなど、心理面において得られる大きな満足といったもの」と説明しています。

 厚生労働省の「少子化に関する意識調査」(2004年)によると既婚者、未婚者ともに結婚の良い点を「家族や子どもを持てる」「精神的な安定が得られる」「好きな人と一緒にいられる」「人生の喜びや悲しみを分かち合える」と回答した人が多くいます。

 逆に「経済的な安定が得られる」と回答した人の割合は低く、物理的メリットは減っているという今までの分析はおおむね正しいといえそうです。

 内閣府「国民生活に関する世論調査」(2006年)では、「家族の持つ意味」を質問したところ「家族団らんの場」が66.5%、「休息・やすらぎの場」が61.5%と、もっとも多くが答えています。

 どうやら現在の日本では、「精神的安定」「家族の団らん」「やすらぎ」など、精神的なメリットを結婚の一番の理由と考えているようです。

 ところが、各種調査によると、家族関係は希薄化している実態がわかっています。とりわけ父親が家族との関係から浮いていることが目立ちます。

 同居している家族と接する時間が十分とれているか質問したところ、全体の平均で82.4%の人が取れていると答えています。それに対して、30~39歳の男性は29.5%が取れていないと答えており、40~49歳の男性は33.3%が取れていないと答えています。(内閣府「国民生活選好度調査」2007年)

 働き盛りの男性が家族と一緒にいられないのは、長時間勤務により時間が取れないという状況にあるからでしょう。

 相手を子どもに限定した場合、恐ろしい数字が出てきます。

 小学4年~中学3年の子どもの保護者に対しての内閣府の2006年の調査です。「平日に子どもとかかわる時間」を保護者に聞いたところ、父親は「ほとんどない」「15分くらい」「30分くらい」が合わせて60%でした。なかでも「ほとんどない」が23%もあります。2000年の調査から9ポイント増えおり、平日子どもとまったく接しない父親が急増していることに驚きます。

 母親は「30分くらい」以下の合計で24%でした。「ほとんどない」は4%(2ポイント増)にすぎません。

 子どもの悩みや心配事を「知らない」と答えた父親は67%、母親は34%でした。

 父親が家に帰る時間(起床在宅率)は午後6時頃から増え始め、ピークは午後10時手前です。その頃になれば、小学生以下の子どもはもう寝ています。「まだ寝てる帰ってみればもう寝てる」(第一生命サラリーマン川柳)というサラリーマン川柳はぐうたらな奥さんを指すだけではなく、子どもとのすれ違い生活をも意味しています。

 平日に子どもと接する時間が取れなければ、当然、土日に子どもと接する他はありません。週末だけの父親です。

 では、週末だけの父親は父親らしくしていられるのでしょうか。家族の中にどんな存在感がもてるのでしょうか。


父親の力 母親の力―「イエ」を出て「家」に帰る (講談社+α新書)
河合 隼雄
4062722844


立派な父親になる (小さな学問の書 (4))
林 道義

立派な父親になる (小さな学問の書 (4))
父親のための家庭教育のヒント―幼児期から思春期まで 天は人の上に人をつくらず (小さな学問の書 (3)) 母性の復権 (中公新書) 平和へのカギ―いま赤十字をよく知ること (小さな学問の書) 父性の復権 (中公新書)
by G-Tools

テーマ : パパの育児
ジャンル : 育児

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。