スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暇つぶしや依存症ではない

 趣味、道楽は暇つぶしや時間つぶしとは違います。

 暇つぶしとは、できてしまった空き時間を適当な活動で埋めてしまおう、消費してしまおうという行為です。B級遊民はそんなどうでもいいような活動でつぶしてしまうために自由時間を欲するのではありません。趣味の中になんらかの豊かさを求めています。暇つぶし、時間つぶしを全否定するつもりはありませんが、暇つぶしのような時間の使い方は趣味の本道ではありません。

 暇つぶしは閑適でもありません。閑適にはゆったりとその時間を楽しむ積極性がありますが、暇つぶしは空いた時間をつぶすだけの単なる「時間の消費」です。つまり暇つぶしには時間そのものを退屈なもの、やっかいなものとみなす発想があります。趣味と暇つぶしではこのように時間に対する心的な構えが基本的に違います。

 自由な時間を空き時間、退屈な時間、無駄な時間と考えるのは、金にならない活動は無駄であると考える勤勉主義や効率主義の発想です。効率主義は効率的に利益を生むことがよいことであり、それに反したことは無駄なこと不合理なこととして排除しようとします。このような考え方においては、閑適も道楽も否定されるのは当然です。

 閑適や道楽にはそれ自身に価値があります。自足的なものです。退屈や暇つぶしと一括りにして、ネガティブにとらえられるべきものではありません。

 趣味・道楽は依存症とも違います。

 依存症とは、何らかの対象(物や行為)に、生活や人間関係を破壊するほど過度におぼれることです。はたから見れば趣味のために仕事を変えたり、結婚しないことも多いB級遊民の生き方は依存症に見えるかもしれません。

 しかし、B級遊民は趣味のために体を壊すことはしないし、激しい浪費や借金で破産することもありません。そのような破壊的な生活をするのがB級遊民ではありません。生活の諸要素の中で趣味の優先順位が高いだけです。病理としての依存症とは違うとあえて主張しておきます。

 道楽と書くと、「どうしても酒色・ばくちなどにふけること」(大辞泉)というニュアンスが強くなります。そのため依存症のイメージがまといつきます。しかし、本書ではあくまでも「本業以外のことに熱中して楽しむこと。趣味として楽しむこと。また、その楽しみ」(大辞泉)という意味で使います。

 それならば、趣味と書けばいいだろうと思われるでしょうが、趣味だと言葉が新しくて、「閑適」「知足」とバランスが取れない感じがします。ということで、三大原理としては「道楽」を、通常の使用においては趣味という言葉を多く使用することになります。

余暇と祝祭 (講談社学術文庫)
稲垣 良典 ヨゼフ・ピーパー
4061588567


やめたくてもやめられない―依存症の時代 (新書y (184))
片田 珠美
4862481795

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

道楽こそB級遊民の神髄

 そもそもB級遊民が自由時間を欲するのは、自分の好きなことをしたいがためです。仕事よりも趣味・道楽を中心にした生活をしたいからです。だからこそ自由時間が必要なのです。

 なかには「自分は閑適だけで十分だ。とくに趣味はないし、のんびり暮らせればそれでいい」という人もいるでしょう。閑適を楽しむだけならば、特に何をするでもなくくつろいでいるだけでいいかもしれません。季節を楽しむいろいろな工夫をし、自然に親しむのもいいでしょう。

 しかし、残念ながら人間はそれだけの生活には飽きてしまいます。人間はその本性として活動がしたいのです。ただゆったりとくつろいでいるだけの生活には耐えられません。閑適を賛美した漢詩人たちも琴、読書、囲碁などの趣味を楽しむ自分の姿を歌っています。陶淵明の『郭主薄に和す 其の一』には「交わりをやめて閑業に遊び、臥起に書琴を弄ぶ」とあります。陶淵明の琴には弦が張られていなかったといいますが、彼の詩を読む限りは琴を楽しむ様子が語られています。そして詩作はたんなる趣味を超えた天職といえるほどの活動でした。

 『方丈記』を書いた鴨長明はその晩年を四畳半の草庵で暮らしています。持ち物としては「すなはち和歌、管絃、往生要集ごときの抄物を入れたり。傍に箏、琵琶、おのおの一張を立つ。」とあるように、読書、琴、琵琶を楽しみとしていました。もちろん長明も著作活動を行っていたわけで、これがライフワークとなっていました。

 このように閑適生活に趣味はつきものです。むしろ趣味こそが生きがいという人こそが「遊民」としては正統派です。陶淵明や鴨長明を遊民と呼ぶのは強引すぎるとの意見もあるかもしれません。しかし、彼らは決して求道的な宗教家ではありません。知足の中での閑適生活を楽しみ、趣味を楽しもうとする姿勢ははっきりと見て取れます。われらの先達としての資格は十分にあります。いえ、むしろ彼らの生き方を大衆化したものがB級遊民なのです。

方丈記 (岩波文庫)
鴨 長明
4003010019


方丈記―付現代語訳 (角川ソフィア文庫)
鴨 長明
4044031010

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。