スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節約するより使ったほうが後悔しない?

節約するより使った方が――「後悔しない買い物」で米研究

ロンドン(CNN) 世界的な経済不安が叫ばれ、財布のひもを締める消費者が目立つなか、米経済学者らが「浪費の勧め」ともいえる研究結果を発表した。消費者にとって「悔いの残る買い物」を調べたところ、節約するよりも気前良く金を使った方が、後悔の少ないことが分かったという。

(略)

たとえば、57人の対象者を無作為に2つのグループに分け、「とても気に入った高価な服」と「あまり気に入らないがもっと安い服」のどちらを買うか迷っているという想定で、一方のグループには10年後に、もう一方のグループには翌日に、どちらの選択を後悔するかを予測させた。その結果、10年後の心境を予測したグループでは翌日組に比べ、「安い服の方が悔いが残る」と答える人が目立ったという。


 ことさらに浪費政策にこびた研究に思えます。「とても気に入った高価な服」と「あまり気に入らないがもっと安い服」の二つが選択肢であるという時点でいやーな感じがします。

 「それほど好みではないが見せびらかせる高価な服」と「自分の気持ちにぴったりする安い服」のふたつで比べてみてください。

 それに実際の感想ではなく、翌日と10年後の気持ちを予想させるなんてちょっと無茶な気がします。

教授らは続いて、同じグループに実際に買い物をしてもらい、その後抜き打ちで、買った品物がそれぞれ「実用品」と「ぜいたく品」のどちらに属するかを尋ねた。すると、先ほど10年後を予測したグループの方が、ぜいたく品を気前良く買っていたことが明らかになった。「消費者に高級品を売り込む時には、10年後に振り返ってどう思うか考えてみて、と促すことによって、その気にさせることができるはずだ」と、キーナン教授は説明する。


 ポイントはここですね。売るときに、「きっと満足しそうな高いもの」と「きっと後悔しそうな安いもの」を比べさせ、10年後をイメージさせる。すると高いものを買う傾向が強まる。そういう販売テクニックです。

 つまりこれは、人間の心理をうまく使えば、消費を増やすことが可能である、という研究です。

こうした傾向は買い物だけでなく、休暇の過ごし方にも当てはまるという。教授らは別の研究で、大学の在学生と、40年後の同窓会に集まった卒業生に、冬休みの過ごし方を後悔しているかという質問を投げ掛けた。在学生は2つのグループに分けて、それぞれ「去年の冬休み」と「今年の冬休み」について質問。その結果、「去年」組では「今年」組に比べて「仕事や勉強ばかりで旅行に行かなかったことを悔やんでいる」とした人が多く、卒業生ではさらに、学生時代の冬休みを振り返って「もっと楽しめばよかった」と後悔する声が多数を占めたという。


 確かにこういうことはあると思います。旅行したことはけっこういい思い出として残ります。非日常的で楽しかった経験は記憶に残りやすいということもあります。
 
 ついでにいえば、時間がたってしまえば、使った金額のことはすっかり忘れているはずです。つまり楽しかった記憶だけが残ります。後に残らないその場限りの娯楽よりいつまでも記憶に残る体験はその人の心の豊かさとして残るのでしょう。

 つまりパチンコで過ごした冬休みじゃダメだってことです。ですから、この実験を節約と消費という観点で分析のするのは違和感があります。体験の質が大いに関係があるのですから。

浪費するアメリカ人―なぜ要らないものまで欲しがるか
Juliet B. Schor 森岡 孝二
4000025848


旅の極意、人生の極意
大前 研一
406212968X

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

「お試し田舎暮らし」はいかが?

「お試し田舎暮らし」はいかが? 農業体験付で家賃月2万円

山梨県南巨摩郡早川町は、移住希望者を対象とした「お試し暮らし」を2008年から本格的に導入している。体験者は空き家を1カ月間2万円(上下水道利用料込み)で借りて、農作業をしながら地元の住人と同じように生活する。お試し期間は3カ月間だ。早川町総務課の担当者は、「実際に田舎暮らしを体験してもらい、移住するきっかけになれば」と期待を込める。


 田舎暮らしをしてみたくても、いきなり物件を購入して移り住むのは、危険です。田舎暮らしが自分に合わないかもしれないし、農作業もどうすればいいのかわかりません。そんな人には体験できるこういう企画はありがたいですね。

  ここではワイン用の山ぶどうや、大豆、こんにゃく芋、お茶が採れる。採れた大豆を使った豆腐や味噌作りも体験できる。自然に囲まれて農作業をやってみたいという人にはもってこいの環境だ。ところが、田舎暮らしはそれだけで務まらないという。都会のように住環境が整っていないため、住人は分担して、水道管の点検や、水道タンク内の掃除、道周辺の草刈といった作業を行う。中でも水道管の点検は都会に住んでいる人になじみがなく、はじめは戸惑う人も多い。定期点検に加え、水道が故障した場合は当番の人が対応しなければならない。ほかにも集落ごとに色んな決まりごとがある。


 農作業、田舎暮らしの細かいことも体験できて、気に入ればそのまま移住できるということです。もし、そこでの農業で生活が成り立つなら、都会脱出をしたい人、脱サラをしたい人には魅力的です。

 しかし、生活費をフルで稼がなければならないとしたら、ひとりで田舎暮らしって大変そうですよね。農作業とは別に家事もしなければなりません。これはけっこうきついです。夫婦そろって都会を脱したい人向けってことになるのでしょうか。

 早川町のこの企画では「基本的には賃貸で、家賃は月5000円~4万円と手ごろ」だそうです。資産運用で利息が入ってくる人ならば、安い物件を借りて、ほどほどに農作業をして、なんて暮らしだとひとりでもいけそうです。

ほかにも全国でお試し暮らしを斡旋する自治体や団体が増えている。総務省自治行政局過疎対策室が運営する田舎暮らしの紹介サイト「交流居住のススメ」には、現在522の団体が登録している。06年7月のスタート時から200団体増えた。ここでは「短期滞在型」、都心と田舎を行き来する「往来型」といった非移住型のプランを多く提案している。


 「交流居住のススメ」をのぞいてみるといろいろあります。ちょっとした自然とのふれあい、農作業の宿泊体験、定住向け住宅など。

 交流居住とは現在の住居をそのままに田舎暮らしができるという意味です。週末のみとか短期間とか。このサイトでは定住も扱っています。すでに522団体でこういう取り組みをしているというから驚きます。

 簡単に自分に合った田舎暮らしを探せる時代になったのですね。面白いのでちょっとのぞいてみてください。

交流居住のススメ 全国田舎暮らしガイド

 栃木県の那珂川町では20年間無料で土地を貸してくれるそうです。20年後に土地が安く買えるなら、これはかなりお得です。いだし二人以上居住しなければなりませんので、夫婦向きですね。

町有地(約150坪)を20年間無料でお貸します!

田舎暮らしの本 2008年 10月号 [雑誌]

田舎暮らしの本 2008年 10月号 [雑誌]
自休自足 2008年 10月号 vol.23 自休自足 2008/7月号 vol.22 失敗しない田舎暮らし入門―土地や家の取得法から土いじりの楽しみ方まで 自休自足 2007/10月号 vol.19 自休自足 2006/10月号 vol.15
by G-Tools

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

竹中平蔵が無責任に若者にサクセスストーリーを期待

消費しない20代が日本を滅ぼす!?

竹中 そこで私が声を大にして言いたいことは、こういったミニマム世代の若者に「サクセスストーリーをぜひとも経験してもらいたい」ということです。


 竹中平蔵氏はお金を使わない若者にお金を使わせるには、サクセスストーリーを経験させればいい、と考えました。ここでいう成功とはもちろん経済的成功です。つまりお金を稼ぐこと。

竹中 先ほど言ったように、この世代が小学生のときにバブルが崩壊して、大学の就職活動の時期には超就職氷河期でした。本当に「受難の世代」であったことは事実です。そのため、将来に対するリスクを過大に見積もる傾向がある。これは特に主観的なリスクなので、消費を抑えて将来に備えて貯蓄しようという動きが出てきます。

 でも、イケイケドンドンとは行かないまでも、やはりいくつかの成功体験を積み重ねて行くうちに、「自分はもっと行けるはずだ」「自分はもっと色々なことができるはずだ」という気持ちになれるはず。そうなると、消費に対して前向きな思考が出て来ます。ミニマム世代の人たちは、これまでの人生でそういう経験がなかったんですね。


 バブル崩壊と就職氷河期を見てきた若者はお金をがんがん稼いでがんがん使うようなイメージや経験を持っていないので、成功体験を積み重ねることで、消費するようになるというのです。

 がんばって稼げばお金はもらえるのだから、どんどん使っていも大丈夫だと思えれば、若者だってお金を使うだろうというのでしょう。

 しかし、年寄りが支配しているのがビジネスの世界です。年配者に比べると、若者は安い給料で使われたり、不安定な職場にいます。派遣の規制緩和をして、企業に有利な雇用関係を許しておいて、何を言っているのか、ということです。

 対照的なのが団塊世代です。仕事をやればやるほど給料も上がったし、競争は大変だったけど、それなりのリターンもあった。サクセスストーリーが豊富だったんですね。だから、今のおじさんやおばさんを見ると、若者と比べてすごく元気です。そういった意味でも、若者に色々なサクセスストーリーを経験して欲しい。


 そういう年配者が若者を苦しめてきたのですけど、竹中氏は何を考えているのでしょう。

 その経験の場はやはり企業の職場です。企業も重要な仕事に若者をどんどん登用して行くべきだし、その中で前向きな思考を持った若いリーダーがどんどん出てくればよいと思います。


 そのためにそういう法律や制度が必要です。具体的な施策もなく、どうしてそんな希望を語ることができるのか、不明です。 

竹中 そう。たとえば、仕事に限らず、ボランティアでサクセスストーリーを経験してもらってもよいわけです。そして、新しい考え方のステップに進んでもらう。人生には、お金を稼ぐ面と使う面が両方あります。今後はその「稼ぐ面」において、この世代の動向を見守りたいですね。


 ボランティアのサクセスストーリーって何なのかよくわかりませんが、それがさらに消費性向を高めることとどう関係しているのかもまったくわかりません。

 「この世代の動向を見守りたい」って。見守っているだけで何か変わるのでしょうか。

 竹中氏がひとりで格差社会を作ったわけではありませんが、こんな心配をするのなら、なぜもっと若い人も苦しまないで済むような政治をしなかったのでしょうね。稼ぐ奴がガンガン稼げる社会が彼の理想でしょうから、社会的弱者が大量に出ることは必要悪と考えているのかもしれません。

 竹中氏はオランダのようなワークシェアリングにより全員正社員の社会も考えていたといいます。これは賛成できます。が、実際にはそこことでは何もしていないわけで、そういう状況で低所得者に厳しい税制にしたことはやはり失敗です。

 正規非正規の間に大きな格差があるのなら、累進課税はやむをえないはずです。結果的に社会的弱者である若者が損をする社会を作ってしまいました。それでいて、若者にサクセスストーリーを期待するとは無責任な人です。

 団塊の世代の大量退職により就職がよくなり非正規雇用の問題が掻き消えてしまいましたが、再び不景気により再燃してきそうです。今度の総選挙ではこの問題にどんな対策が語られるのでしょうね。

闘う経済学―未来をつくる公共政策論入門
竹中 平蔵
4797671734


希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く (ちくま文庫 や 32-1)
山田 昌弘
4480423087

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

竹中平蔵が格差を隠してミニマムライフ世代論

消費しない20代が日本を滅ぼす!?

 BS朝日で放送している番組『竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方』の第21回「消費しない20代が日本を滅ぼす!?」を文字に起こしたページを紹介します。

 最近の若者の間に、お金もあってもあまり消費しないミニマムライフが増えているといいます。ミニマムライフは「生活にかかるお金と時間の量を節約しよう」とする志向で、収入が少ないから支出が少ないのではなく、収入が多くてもお金を使わないのだそうです。英語では「シュリンク(縮み志向)」といいます。

 この記事ではおおざっぱに20代をミニマムライフ(シュリンク)世代と呼んで、ひとくくりにしています。竹中平蔵氏は、彼らを「小学生のときにバブルが崩壊して、大学の就職活動の時期には超就職氷河期」だった「受難の世代」だといいます。

 就職氷河期世代はロストジェネレーションとも言われていて、同じ世代間でも経済的格差があることで有名ですが、あえてひとつの世代の問題としてひとくくりにしてところが竹中氏らしいところです。格差問題を話題にするとアメリカ型競争社会を推進して、格差拡大に貢献した竹中氏の責任問題は免れませんから、そこは巧妙に避けているのでしょう。

 消費しない若い世代の特徴はあるのは間違いないでしょうが、経済的格差によりなおさら低収入層は将来の不安から支出を抑えるわけですから、両面を指摘するべきだと思います。

 ミニマムライフ(シュリンク)世代の特徴は次の通りです。

1.生活や人生を縛るものを持ちたくない
2.「ラク」が一番
3.傷つくのが嫌い
4.損をするのが嫌い
5.人生に手ごたえを求めている

竹中 ミニマムライフ世代の思考は、私たち団塊世代と比べると「コインの裏側」のようなものです。団塊世代は、リタイアして「これから人生を楽しもう」という人たち。今までおカネを貯めて来たけど、老後は一生懸命夫婦で使おうという意識が旺盛です。 しかし、若者は違います。「とにかく将来に備えなくてはいけない」という不安が強い。年金問題もそうですが、将来の日本の重荷を負担する側としてのプレッシャーを抱え込んでいるような側面もあります。


 竹中氏は、自動車の販売台数の落ち込みや酒税の落ち込みもミニマムライフ世代の影響は無視できないといいます。日本経済新聞社産業地域研究所の調査でも、「お酒も飲まない。車に乗らない。その他の家電もブランド衣料も欲しがらない。」という傾向が現れています。

竹中 それに加えて、最もわかりやすいのが「消費性向」、つまり所得が100あれば、それをどれだけ使っているかという目安になる指標です。男性を見ると、1970年前後は所得の9割を消費に回していましたが、現在は7割強しか使っていません。女性のトレンドは男性と少し違いますが、やはりバブル以降は下降トレンドにあります。


 このデータはもっと詳しく知りたいところです。どの世代の男性なのでしょう。これまでの話だと若者だけがそういう傾向があるのでなければ話が成り立ちません。あいまいですね。

 たとえ、若者が消費性向が落ちているにしても、若者よりも年寄りの方がお金を持っていることは調査でわかっています。若者がお金を使わないと嘆くよりも、老人にお金を使わせることを考えるべきでしょう。その老人がお金を使わないのが、将来の不安であるなら、将来の不安は若者だけの問題ではないということです。そしてそういう社会に向かわせたのは誰だったのでしょうか。

 竹中氏の発言だけにどうも素直に受け取れません。

 それはさておき、

 竹中氏は若者は金を使わないために経済に悪影響があると考えています。そこで彼の提出した対策は…。

 (続く)

20代若者の消費異変―調査研究報告書 2008年1月
4532635683

第1章 急速に進む「車離れ」
第2章 飲酒文化からの離脱
第3章 将来に備える「アリ」増加
第4章 身近な消費を堅実に
第5章 下流転落は怖い 自助努力大切に
第6章 和風・伝統文化への回帰
第7章 後に続く世代 新人類ジュニアは「クールな調整型」

テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

婚活をしない理由は「結婚する気がないから」

 婚活って変な言葉ですね。結婚活動の略だとか。就職活動が就活と呼ばれいてるので、できた略語らしいです。この略語、どうやら定着しつつあるようです。

 マッチ・ドットコム・ジャパンが婚活についての調査を行いました。

ただいま“婚活中”8%、これから26.5%――独身男女の婚活調査

独身の人で現在、「婚活をしている」(8%)あるいは「今後、婚活をする予定」(26.5%)の人は34.5%、約3人に1人が婚活中または予定であることが、マッチ・ドットコム・ジャパンの調べで分かった。男女年代別で見ると、男性の20代後半が27.5%、30代前半が36.7%、30代後半が43.4%、女性の20代後半が37.5%、30代前半が40.0%、30代後半が23.3%。婚活をしている男性は30代後半、女性は20代後半から30代前半が多く、性別により婚活の時期が異なった。


 ざっくりいって、3割以上のひとが婚活をしている、あるいはする予定だそうです。でも実際にしているのは8%ですから、やろうと思っていても面倒だからやらない人も多いのでしょう。

 言葉だけが独り歩きして実態がついてきていないというよりも、こんな状況だからこそ「婚活」を盛り上げようとしている人たちがいるのだと推測します。

 なにしろデートしたり結婚したりしたほうが人はお金を使います。内需拡大の意味でも婚活をして欲しいと考える商売人は多いはずです。それに少子化を食い止めないと需要のパイが小さくなります。経済界としてはどうしても婚活ブームを起こしたいのです。

また婚活をしていない(予定もない含む)人にその理由を聞いたところ、男性1位は「結婚する気がないから」、次いで「結婚は自然にするものだから」「交際相手がいるから」「金銭的に『婚活』をする余裕がないから」。女性1位は「結婚は自然にするものだから」、次いで「交際相手がいるから」「結婚する気がないから」「もう結婚はあきらめている」という結果が出た。


 やはり男性の1位に注目です。「結婚する気がないから」。結婚に対する意欲のなさ。どうでもいいというしらけた気分が感じられます。

 より詳細な内容がわからないので、推測するしかありませんが、早く家庭を持ちたいという動機が乏しいということでしょう。結婚を牽引するプラスの動機が弱まっているような気がします。その結果として、今の生活を続けたいと思っていたり、結婚して責任かぶって苦労したくないと思っているのではないでしょうか。

 「金銭的に『婚活』をする余裕がないから」という理由には、格差問題も影響を与えているのでしょう。

 結婚への動機の弱さと格差問題。この二つは今後も続きそうです。

 やがて「婚活しない人」が話題になり、マスコミでバッシングされる時代が来るような気がします。ニートが今そうなっているように。

「婚活」時代 (ディスカヴァー携書 21)
山田 昌弘

「婚活」時代 (ディスカヴァー携書 21)
崖っぷち高齢独身者 (光文社新書 354) 「キャリモテ」の時代 合コンの社会学 (光文社新書 331) 30女という病――アエラを読んでしまう私の悲劇 シンデレラは40歳〜アラフォー世代の結婚の選択〜 (扶桑社文庫 み 5-1)
by G-Tools

テーマ : 恋愛・結婚について思うこと
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。