スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての裁判傍聴

裁判傍聴に行って来ました。

場所は霞ヶ関の東京地裁。日比谷線のA1出口を出てすぐです。

午前は覚せい剤所持事件。ふつうの所持事件だと単純すぎてつまらないといいますが、私が傍聴したのは密売にもかかわっていた女性でした。やくざが仕切る密売組織で客にどんな薬物をどれだけ売るかをメモする作業をしていた模様。略号でメモをし、Fは大麻、Cはコカイン、XはMAMDだそうです。売買に関する電子メールでのやりとりも証拠にあり、文中のフェラーリは大麻を意味するとか。被告人は4年前にもやはり覚せい剤で捕まったそうです。

新件(初公判)ではないので事件の概要をつかむまで時間がかかりました。

情状証人として夫である外国人が登場しました。すごい巨体です。弁護士はこの人が被告人を更正させることができると主張するのが目的のようです。

夫は職業はドリンキングバーのセキュリティの仕事をしているといっていました。これって酒場の用心棒みたいなものかなと想像しました。スキンヘッドの外国人。体も大きい人なのでこの人が登場するだけで相手は怖気づくでしょう。本人ももっとしっかりした仕事に就いたほうがよかったなどと語っていたので、いささかいかがわしいお店にかかわっているのかもしれません。

検察は夫婦が喧嘩が多く、別居を2回もしていたことを指摘し、日本に滞在する目的で結婚したのではないかと攻めて、夫に被告人を更正させる力がないことを印象づけていました。しかし、夫の職業についての質問はなし。調べていないのでしょうか。それともまともなものなのでしょうか。

弁護側は、喧嘩の原因は夫が被告人に薬物を止めさせたいがために生活態度や人間関係に意見したことにあるといいます。被告人のまわりには薬物にかかわる人がいろいろいたようで、夫はそういう人間関係を断ってほしいと常々思っていたそうです。

証言だけで証拠はないのですが、私は、この人はいい夫であるような印象を受けました。奥さんである被告人にまともになって欲しいと願っていると思えます。女性の通訳を通じて一生懸命話している姿からは誠実さが伝わってきました。

ちなみに被告人の前の夫が薬物で逮捕されています。そのせいで真面目に音楽イベントの仕事をしていた被告人は多くのお客さんや関係者の信用を失ったそうです。今回あまりこの点の追求はありませんでしたが、そのあたりから被告人が薬物にかかわるようになったのかもしれません。

逮捕直後は被告人は薬物の密売にかかわっていたやくざを怖がっていましたが、起訴後に警察に協力的になったそうです。が、時すでに遅しです。協力したということを主張するためでしょうか、被告人は力士の薬物事件のことなどもすべて話したなどといっていました。あのロシアの力士たちなのでしょうか。別件かもしれません。

弁護人はやくざ撲滅の運動をしているようです。被告人はそれを知っているので、今回やくざとかかわりがあった事件なので最初は話せなかったのだといいました。それをいったら、弁護を引き受けてもらえないのではないかと心配した、と。

弁護士が被告人に、薬物依存症である自覚はあるか、更正施設に入るつもりはあるかと気持ちの入ったじっくりした口調で確認していました。父親が病気で大変なときに、こんなことをしている場合ではないなどといったりして、人情がらみの話などもしていました。下條アトムにちょっと似ているこの弁護士の話はなかなか味があってよかったです。被告人は親孝行したいと締めくくっていました。

私はこの弁護士がとてもいい人に見えて共感してしまいました。私の裁判傍聴は情緒に流されすぎかもしれません。

他にもイベントや密売に使っていたマンションに踏み込んだ前後のいきさつや警察官とのやり取りなどに関しての証言もあったのですが、長くなるので省略します。傍聴しているときにはこの部分の話が一番リアリティがあって面白かったのですが、暴力団がらみなので書きづらいです。実名とか組織の名前とか出てくるし。ほかに、韓国人ホステス、おかまちゃんなども登場します。

論告求刑などは次回だそうです。

最初は傍聴人が少なく、途中で帰る人も何人かいました。たしかに前半を聞いていても、どんな事件で何が争点なのかわかりにくかったです。つまらないからと帰ってしまう人の気持ちもわかります。裁判は初回から見たほうがいいですね。どういうわけか終わりごろは10人くらいが傍聴していました。

裁判の進行はところどころグダグダしています。同じような話が繰り返して出てきて、ちょっと飽きてしまう場面がありました。それと検察側の追求がとても弱かったようです。再犯なのでどうせ重い処罰になるだろうと思っているのかもしれません。

裁判は面白いと思いましたが、その面白さは笑うような面白さではありません。内容は真剣そのもの。人生のいろいろが見えてきて、ある種文学的です。最近は裁判を不謹慎なふざけた態度でレポートするような本がよく出ていますが、あれはどうかと思いました。

ふざけた被告人にあたったら、こちらの態度も大いに変わるかもしれませんが、とりあえず初回の傍聴は神妙に拝聴させていただきました。

お昼は地下に降りて食堂ですませました。チャーシューメン、520円。味はよくある食堂クオリティです。1階の玄関に戻ると、人が増えていて驚きました。学生らしい若い人が大勢来ていました。アベックもちらほら。

(つづく)

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

フェルメール展にがっかり

上野の東京都美術館でやっている「フェルメール展」を見て来ました。

「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」

昼少し前について30分待ち。やはり人気です。

最初のがっかりは今回の目玉の一つ「絵画芸術」という作品が来ていないこと。入り口に小さく書かれていました。インターネットで調べると絵画展のサイトにも小さく書かれています。

フェルメール展のパンフレットにはしっかり掲載されているんですけどね!

かわりに「手紙を書く婦人と召使い」が来ています。やはり比べるとちょっと地味ですね。

次のがっかりは、フェルメールの絵が輝いていないことです。

今回一番期待していたのは「ワイングラスを持つ娘」だったのですが、第一印象は「色が薄い…、くすんでいる…」。フェルメール展のパンフレットよりははっきりと色が薄いです。

いろいろ理由はあるでしょう。本物を見る前に見てしまった写真の色再現がおかしい、印刷が濃すぎる。とりわけパンフの写真はメリハリがありすぎます。また一般的にテレビで見るより本物は地味に見えることがあります。テレビは画面が発光しているので光輝いて見えるのですが、実物は反射光なので印象が弱くなります。ですから、テレビで絵を見てから絵画展に行くとがっかりすることがあります。そのうえ展示室の照明が暗い。

そんなこともあって頭の中にあったフェルメールの絵よりも色が薄いので、ちょっと失望がありました。

それに全体にもやっとしています。「かすみがかかったみたいだ…」とも思いました。場面によってはそれが効果を上げることもありますが、「ワイングラスを持つ娘」に関してはちょっと違いました。本当に全体がもやっている印象なんです。

今回は予想よりかなり地味な印象でした。もちろん絵画そのものが発する物質感、手触り感などは本物でないと感じられません。

とはいえ、フェルメールの作品が一挙に7枚も見られたのはよかったです。今までもチャンスがありながら、見に行かなかったので。1、2枚の展示にお金を出すのをもったいないと思ってしまったのです…。

最近、絵画への興味が薄れていることもあって、ちょっと満足度の低い絵画鑑賞でした。

フェルメール全点踏破の旅 (集英社新書ヴィジュアル版) (集英社新書ヴィジュアル版)
朽木 ゆり子

フェルメール全点踏破の旅 (集英社新書ヴィジュアル版) (集英社新書ヴィジュアル版)
謎解き フェルメール (とんぼの本) 恋するフェルメール―36作品への旅 盗まれたフェルメール (新潮選書) フェルメールの世界―17世紀オランダ風俗画家の軌跡 (NHKブックス) 私はフェルメール 20世紀最大の贋作事件
by G-Tools

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

井の頭恩賜公園にいく

昨日は、武蔵野市の井の頭恩賜公園に散歩にいってきました。

以前はよく東京都内を散歩しながら写真を撮っていましたが、最近はとんと興味がなくなり出かけることもなくなりました。

夏の暑さも薄らいできたのでちょっと外出したくなったのと、都内(23区)はほとんど行きつくしたので今度は都下(多摩)を中心に歩こうかと思い、井の頭公園を選びました。ここは高校以来。吉祥寺で働いていたときは一度も行きませんでした。

井の頭公園はさすが緑が多くて雰囲気がいいです。散歩向いていますね。池のまわりを歩いたあとに、善福寺池まで行く予定でしたが、昼近くになって気温が上昇。途端に根性がなくなり、都心に引き返しました。

あとは、本屋と図書館をはしごして、司馬遼太郎『峠』の中巻を読了。激動の幕末を生きた長岡藩士、河井継之助が主人公です。

公園で撮った写真はそのうち別ブログに掲載予定です。

今回の散歩に先立って購入したのが、多摩市街道路地図(東京地図出版)。サイズは手ごろで見やすいのだけど、分厚くやや重いのが難。ですが、1/8000もあるし、詳しく、見ていて楽しめる地図です。今後の散歩のお供にしようと思います。

峠 (上巻) (新潮文庫)
司馬 遼太郎

峠 (上巻) (新潮文庫)
峠 (下巻) (新潮文庫) 峠 (中巻) (新潮文庫)
by G-Tools

多摩市街道路地図―でか文字!! (ミリオンくるマップmini)
4808507048

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。