スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『幸福について』 富者と精神の貧困

幸福について―人生論 (新潮文庫)
ショーペンハウアー
4102033017


 経済的に豊かになっても、幸福感が増すのは最初のうちで、やがて経済的な豊かさがましても幸福感は増えなくなります。こうした幸福のパラドックスはこのブログの記事でも述べたとおりです。

 このことをショーペンハウアーは知っていました。

 「富といいうるほどの富、すなわち有り余る富は、われわれの幸福にはほとんど何の寄与するところもない。金もちにも不幸な思いをしている人が多いのはそのためである。」(『幸福について』ショーペンハウアー、橋本文夫訳)

 ショーペンハウアーが考えたその理由が彼らしくてふるっています。富ができることは「現実の自然な欲望を満足させる」ことくらいだから、というのです。

 自然な欲望とは生存のための基本的な必要ということでしょう。たとえば衣食住がその中心となります。もちろんそれらは生きていくうえで重要であるし、不足すれば死んでしまうでしょう。ですからもし自然の欲望が満たせないかもしれないと予想されれば、生存の不安を感じ、安穏と暮らすことはできません。

 逆に、自然な欲望はある程度満たされてしまえば、それ以上は幸福感への影響はなくなってしまいます。飢えを満たせば、飢えはなくなります。それ以上食べようとしても苦痛なだけです。自然な欲望には限度があります。

 一方、ある程度以上の富があっても、お金では満たせない「人のあり方」、とりわけ精神的な享楽の能力が不足していれば、その人は不幸になるとショーペンハウアーは考えました。

 「なぜ不幸な思いをするかというと、本当の精神的な教養がなく、知識もなく、したがって精神的な仕事をなしうる基礎となるような何らかの興味を持ち合わせいないからだ。」(『幸福について』)

 自然な欲望を満たした人間は、退屈します。その退屈を埋めるのはもっと食べることではありません。なぜなら、自然な欲望は満たした上にさらに満たそうと思っても、苦痛しか感じないからです。食欲ならば、時間をあけて空腹を待つしかないでしょう。あるいは他の欲望を順番に満たしていくことになりますが、富がありそれらの欲望を容易に満たせれば満たせるほど、すぐに退屈がやってきます。

 そうした退屈な生活から脱するにはショーペンハウアーのいうとおり、別の享楽が必要になります。変化に富み、持続的な享楽である精神的な享楽があればいいのですが、お金があってもそうした能力のない人にはそれは得られません。彼らはそれを埋め合わそうとして、別のさまざまな享楽を得ようと奔走します。

 「内面の空虚、意識の稀薄、精神の貧困が、彼らを駆って社交界に走らせるが、さてこの社交界がまた彼らと同様の人間の集まりだ。類は友を呼ぶとしたものなのだ。そうして集団的に娯楽や慰安をあさる。娯楽や慰安も、はじめは感応的な享楽に、各種の遊興に、これを求めるが、あげくの果てには淫蕩にこれを求めるようになる。」(『幸福について』)

 こうして心に虚無を抱えたままの浪費的生活がうまれます。

 「金もちに生まれてきた長男殿が莫大な遺産をあっという間に使いきってしまうことがよくあるが、こうした手のつけようもない乱費の原因は、事実、今言ったような精神の貧困と空虚とから起きる退屈以外の何ものでもない。」(『幸福について』)

 フェデリコ・フェリーニ監督の『甘い生活』という映画はこうした問題を主題にしていました。主人公はゴシップ記者のパパラッチです。やがて彼は上流階級の歓楽をむさぼるパーティーに参加するようになるのですが、乱痴気騒ぎの後に無気力と空虚が押し寄せてきます。

 富ばかりを追いかけても、所詮このような結果になるのです。しかし、「それにもかかわらず人間は精神的な教養を積むよりも富を積むほうに千万倍の努力を献げている」のです。

関連記事:豊かになっても幸福は増えない

甘い生活 デジタルリマスター版
マルチェロ・マストロヤンニ
B000X1MRRA
精神の貧困だけではなく、社会的アノミーも描いています。

スポンサーサイト

テーマ : 哲学/倫理学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。