スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『徒然草』 今この一瞬を大切に生きよう

徒然草 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)
角川書店
4043574088


 死を意識して、存命の喜びを感じるのなら、生きている一瞬一瞬も大切であるはずです。兼好は、人生が暇つぶしだなどとは思っていません。とても大事な時間の積み重ねだといいます。しかし、そのことを意識している人は少ないようです。

 「一瞬のような短時間は、その流れをはっきり意識するのはむずかしいが、だからといって、その一瞬をほうっておいては、人間の一生はたちまち最期を迎えてしまう。」(第百八段)

 自分が一瞬一瞬を大切に生きてきたのかと反省してみれば、ちっともそんなことはないことに思い至ります。多くの場合、流されて怠惰な時間を過ごしていました。

 「したがって、その道を極めようとする者は、一日とか一月という長い時間を惜しむような態度ではだめだ。今生きて意識しているこの一瞬が、むだに過ぎてしまうことを惜しまなくてはいけない。」(第百八段)

 一日とか一月で時間を考えると、どうしてもこの一瞬への集中がおろそかになります。長い間隔で時間を見るのではなく、一瞬のこの時間、今生きているこの時間を大切することが大切です。兼好は、今を生きるコツがよくわかっていました。

 兼好は修行者を対象のこのようなことをいっていますが、普通の人にも当てはまるでしょう。誰にとっても生きているのは今なのです。今を大切にしなければ、人生を大切にする機会はありません。

 もちろん、修行者でないのですから、閑適を楽しむのもいいと思います。そのような楽しみだって、今ここにあることに喜びを見出すことであって、無駄とは思えません。

 「たとえば、人がやってきて、あなたは明日必ず死ぬと教えてくれた場合、今日が終わるまでの間、何を頼りにして、どんなことをするだろうか。私たちが生きているこの今日という日も、明日死ぬと言われたあの今日という日と、まったく変わりはないのだ。」(第百八段)

 ガンを宣告された人が残りの人生を一生懸命に生きようとし始めるという話をよく聞きます。さらに、そのことで生きがいを見出し、今に集中して生きることが、ガンを克服することにつながる場合もあります。

 しかし、死は身近にあるものと考えれば、誰にとっても今生きていることは存命の喜びであるはずです。もしかしたら最後の一日かもしれません。そのことを思えば、今日を無駄に過ごすことはできません。

 「何のために時間を惜しむのかといえば、つまらないことに心を遣わず、世間とのつきあいを絶って、真理を追究する志を遂げよ、というわけなのである」(第百八段)

 この翻訳では抜けがあります。「光陰何のためにか惜しむとならば、内に思慮なく、外に世事なくして、止まむ人は止み、修せむ人は修せよとなり」の「止まむ人は止み」を訳していません。

 以下に修正した訳を載せます。

 「何のために時間を惜しむのかといえば、つまらないことに心を遣わず、世間とのつきあいを絶って、それで満足できる人はそれで満足すればよく、真理を追究する人は志を遂げよ、というわけなのである」(第百八段)

 兼好はみんなが修行者であるわけはないことを知っています。おそらく自分もまたそれほど熱心な修行者でもないでしょう。彼は文化人的な面が強いと思います。それも社交的ではなく、遁世的な傾向のある文化人です。おそらく「止まむ人」と「修せむ人」との間を行ったりきたりしていたのではないでしょうか。

 つまらないことを考えず、世間との面倒なかかわりを避け、できた時間を自分なりに大切に使い、それで満足するのもよいものですよ。また、修行する人は一心に修行しなさい。このように兼好はいいます。全面的に賛成です。

 「外に世事なくして」はわかりやすいでしょう。むしろ兼好の観察の鋭さが現れているのは「内に思慮なく」とわざわざ書いたことです。

 人間はつまらない思考に捉われています。どうでもいい想像をしたり、考え事をしたりして、無駄に時間を使います。心のエネルギーもまた無駄遣いします。それは愚かなことであり、今を大切にしないことであると兼好はよく知っていました。

 じっくり読んでみると徒然草は深いです。

徒然草 (角川文庫ソフィア)
吉田 兼好

↑全文を読んだり、補足として利用するならこれがお勧めです。

スポンサーサイト

テーマ : 哲学/倫理学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。