スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『徒然草』 吉田兼好

徒然草 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)
角川書店
4043574088


 吉田兼好は鎌倉時代から南北朝時代を生きた歌人、随筆家です。本名は卜部兼好(うらべかねよし)。出家して兼好法師(けんこうほうし)となります。吉田の姓は兼好が死んだ後に親類が改称したためにそう呼ばれているだけで、本人とは関係ありません。

 あまりに有名な徒然草ですが、冒頭以外はそれほど読まれていはいないしょう。なにしろ古文であるし、現代語訳もぴったり来るものがありません。現代人には興味を引かない話も多い。

 その点、角川のビギナーズ・クラシックは面白いところのみの抜粋であり、現代語訳がかなりこなれていて読みやすくなっています。ほどよく解説がついていて、親切で、飽きさせません。

 徒然草は短い随筆の集まりなので、どこを面白く感じるかは人それぞれです。そこで、いくつかの記事に分けて、この本から私が気になった部分をいくつか紹介することにします。

 まずは、その「孤独の哲学」から。

 「時間をもてあます人の気が知れない。何の用事もなくて、独りでいるのが、人間にとっては最高なのだ。」(第七十五段)

 中級の宮廷役人を三十歳ほどでやめて遁世者となった兼好は人間社会つきあいのわずらわしさに嫌気がさしていました。しかも「何の用事もなくて」と書いているように、一人になって仕事をするわけでもありません。ただ、暇でいることを望んでいます。「閑適」のススメです。

 もっとも彼の場合は歌人であり、このような随筆も書く知識人ですから、そのような文化的活動をしたいという気持ちがあったわけです。「閑適」とともに「道楽」も目指しました。

 「世の中のしきたりに合わせると、欲に振り回されて迷いやすい。人と話をすると、ついつい相手のペースに合わせ、自分の本心とは違った話をしてしまう。世間とつき合いでは、一喜一憂することばかりで、平常心を保つことはできない。あれこれ妄想がわいてきて、損得の計算ばかりする。完全に酔っぱらいと同じだ」

 兼好は出家者ですから、感情を動かさないで平常心でいることを理想としています。仏教では莫妄想(妄想するなかれ)という戒めがあります。世間の中で生きているとそれがうまくできません。閑居することで心の平安を得たいとの願いがあったのでしょう。

 私としては完全に感情を抑えて生きることなどしたくはありませんが、喜怒哀楽につよく動かされて生きるよりは心の平静を基調としていたいと思っています。そういう意味では、おおいに共感します。人付き合いはほどほどで満足です。

 ちなみに閑居は「暇でいること」の意味ではなく、「一人で静かにいる」の意味です。中世文学ではしばしば遁世して草庵で暮らすことをさしていいます。

 「まだこの世の真理を悟ることはできなくとも、煩わしい関係を整理して静かに暮らし、世間づきあいを止めて、ゆったりした気持ちでほんらいの自分をとりもどす。これこそが、ほんの短い間でも、真理に近づく喜びを味わうといってよいのである。」(第七十五段)

 リラックスした時間の中でほんらいの自分をとりもどす。今ならさしずめ、カフェでまったり、といったところでしょうか。

 しかし、後半の「これこそが…真理に近づく喜び…」はいささか誤訳の気味があります。原文では「暫(しばら)く楽しぶともいひつべけれ」となっています。角川文庫の今泉訳では「それが即ち、暫くでも、この世を楽しむこととなるともいふことができよう」です。

 ですから、「本来ならば閑居は仏道のためかもしれないが、リラックスして楽しむのもいいじゃないか」と俗っぽい楽しみをいっていると解釈したいところです。

 徒然草には仏教修行のススメといった側面もあります。しかし、ゴリゴリに押してくるわけではありません。仏道への真剣さを語りながらも、けっこう俗っぽさを残しています。そこが徒然草のよさではないでしょうか。

400301121X4309407129

456964039740621205344309014739

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。