スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中高年には退職者ビザがいい

 中高年が長期間安定的に滞在したければ、退職者ビザを取るのが一番です。

 タイの退職者用の長期滞在査証(ビザ)は、50歳以上で、タイ国内に80万バーツ以上の預金がある人。または月6万5千バーツ以上の年金収入などがある人。あるいは預金と年金の年間収入を合せて80万バーツ以上ある人が対象です。1年間の滞在許可が得られ、以降は1年毎の更新をすれば延長されます。就労はできません。(1バーツ=約3円で計算すると、80万バーツは240万円です)

 フィリピンはもっとゆるい条件で退職者ビザが取得できます。年金を貰っていない人でも35歳以上50歳未満ならば50万米ドル(約600万円)、50歳以上ならば2万米ドル(約240万円)の半年の定期預金を組めば退職者ビザ(永住権)が取得できますし、現地での就労も可能です。

 マレーシアのマイセカンドホーム査証(ビザ)は、50歳未満で、マレーシアの銀行に30万リンギ(約900万円)の定期預金をする人が対象です。50歳以上では、月1万リンギ(約30万円)の年金受給(公的年金のみ)収入がある人。または、マレーシアの銀行に15万リンギ(約450万円)の定期預金をする人が対象です。有効期間は最長10年間ですが、更新可能です。永住権ではなく、就労もできません。

 他の国にも似たような退職者ビザがありますが、基本的にある年齢以上を対象にして、その国に預ける定期預金を一定額以上、もしくは収入(年金)が一定額以上を条件としています。就労も制限されるのが普通です。

 なぜそういう条件があるのかといえば、現地の人の仕事を奪うことなく、お金だけを落としてくれる人に移住して欲しいからです。逆に、現地の人の仕事を奪う不法就労、あまりお金を持たないで入国して、不良外人となる人、不法滞在する人はお断り、です。現地で起業して、現地の人を採用するような場合は、むしろ歓迎される傾向にあります。

 退職者ビザは、お金をためて早期退職をした人や、年金がある程度入る見込みの人にはありがたい制度です。同じお金が日本の数倍の価値になるのですから、海外生活も視野に入れて将来設計をしてみたらいかがでしょうか。


タイでロングステイ (大人の海外暮らし国別シリーズ)
ラシン編集部
4871495914


半分海外ぜいたく暮らし―年金カップルなら誰でもできる 夢をかなえた9カ国24人の新しい生き方 (LONG-STAY PERFECT BOOK)
ロングステイ財団

半分海外ぜいたく暮らし―年金カップルなら誰でもできる 夢をかなえた9カ国24人の新しい生き方 (LONG-STAY PERFECT BOOK)
定年後を海外で暮らす本―目的別 海外ロングステイのすべて 海外で見つける人生の愉しみ方―海外長期滞在で実現する充実した生活 海外リタイア生活術―豊な「第二の人生」を楽しむ (平凡社新書) 年金・月21万円の海外2人暮らし―ハワイ・バンコク・ペナン ロングステイ50都市ランキング―楽園の探し方入門 (ラシン特選ブックス)
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。