スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎暮らしのデメリット

 地方での生活には不便もあります。

 近所で買い物をすませるほどお店が多くありません。それなのに交通手段は少なく、自家用車で移動するしかありません。都心ならば徒歩で買い物に行けたのが、いちいち車で出かけるのでガソリン代がかかります。

 野菜や魚介類の産地に近ければ、直販店や朝市などで安く買えますし、大規模スーパーがあれば、車で出かけてまとめて購入することになるでしょうが、そういうものがなければ、かえって食べ物や日用品が高くつきます。

 社会的インフラが整備されているかどうかも気になるところです。医療機関までどれだけ離れているのか、その医療機関に医者は常駐しているのか、夜間診療に対応しているのかは要チェックです。持病を抱えているのなら、専門科があるかどうかは死活問題です。少なくとも緊急時にあまり長くかからない距離に医者が常駐している病院があるかどうかは確認しておきたいところです。

 寒冷地は冬場の暖房費が馬鹿になりません。雪が多い地域では雪かきに時間と体力を奪われます。衣料費もよけいにかかります。年間を通した生活を考えないと、意外な出費に苦しむことになります。寒さは体にこたえますから、年を取れば取るほど寒い地域での生活はつらくなってくるはずです。
できれば移住は暖かい地域の方がいいでしょう。夏はエアコンの冷房費がかかりますが、都心のような熱帯夜はほとんどありません。暖かな気候は健康にプラスに作用しますから、医療費が抑えられるかもしれません。

 地域によっては行事が多く、自分の時間が思うように取れないこともあります。地元消防団の訓練がしょっちゅうあったり、なにかと顔を合わせる会合が開かれたりします。地元の人間関係にとけこめず、つらい目にあう人もいるようです。

 いい場所だからと移住してみたら、想像と違うことがたくさん出てきます。事前の調査は慎重にしなければなりません。田舎暮らしをしたことがない人はしばらく体験してみて自分に向いているかどうかを判断したほうがよいでしょう。


田舎暮らしに殺されない法
丸山 健二
4022504404


田舎暮らしはつらかった
渡辺 瑠海

田舎暮らしはつらかった
イヌキー 田舎暮らし虎の巻 田舎暮らしができる人できない人 (集英社新書 388H) 失敗しない田舎暮らし入門―土地や家の取得法から土いじりの楽しみ方まで 図解 田舎暮らし (目からウロコのさんぶん図解)
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。