スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚のデメリットは自由が失われること

 最後に結婚のデメリットを確認しておきましょう。

 2004年の厚生労働省「少子化に関する意識調査」で、結婚の良くない点、デメリットは何かについて尋ねています。男女ともに多かった答えが次の3つです。

 ・自分の自由になる時間が少なくなる
 ・行動が制限される
 ・自分の自由になるお金が少なくなる

 要するに自由が失われることが結婚のデメリットだと答えています。

 「自分の自由になる時間が少なくなる」ことは、B級遊民にしてみればとてもつらいことです。結婚をすれば家族との時間を持たなければらなりません。通常、家族が一緒にいるのは朝と夜です。朝は食事をする時間くらいですが、夜には好きなことをして過ごしたいと思うのがB級遊民です。しかし、夜に好きなことをすれば家族とのコミュニケーションの時間が取れません。家族の絆を弱めてしまいます。これでは家庭人として問題です。最近は長時間労働が増えていますから、ますます自分の時間を確保することは難しくなっています。

 結婚により「行動が制限される」のもまたつらいことです。自分勝手に生きることこそが道楽に生きるB級遊民の道です。納得するまで自分の趣味を楽しみたいと思っています。長期休暇を取って遊びに行きたいと思っても、家族を抱える身ではなかなか実行できません。突然田舎暮らしを実現したくなっても、海外ロングステイしたくなっても、家族の反対にあってほとんど無理でしょう。独り身であればいささか無茶に思えることでも実現できますが、家族持ちには責任が重くのしかかります。

 「自分の自由になるお金が少なくなる」ことも深刻な問題です。B級遊民はそもそも高収入を望んでいるわけでありません。自由にやりたいのです。そしてなけなしのお金も自分の自由のために確保したいのです。結婚すればそんなことは不可能です。そもそも家族を扶養するために稼がなければなりませんし、稼いだお金は当然家族のために使います。

結婚の初期費用にお金がかかることも見逃せません。「ゼクシィ結婚トレンド調査2005」によると、結納・婚約から新婚旅行までにかかった総費用の全国平均が382万円です。半分ほどは親が負担するようですが、それでも二人で200万円前後は用意しておかなければなりません。それまで貯めておいたお金が100万円単位で消えてしまうのは、実に残念です。

 このように見てくると、結婚はB級遊民との相性が悪いといわざるを得ません。結婚のデメリットはそのままB級遊民を直撃します。B級遊民は独身主義にあらず、ではありますが、結果的には独身でいた方が実現しやすいのは間違いありません。


独身者の住まい
竹山 聖
4331509109


最後の独身貴族 (ハーレクイン・ディザイア 1213)
高瀬 まさ江
4596512132

スポンサーサイト

テーマ : 結婚できない?しない?
ジャンル : 独身・フリー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。