スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本好きには「せどり」が最適

 ネット古物商の中でも特に参入する人が多いのが古本の世界です。

希少性や古さに独特の価値を見いだす古書に対して比較的新しい本を対象にするのが古本です。古書を扱うには目利きである必要がありますが、古本を売るにはネットの価格情報さえあれば誰にでもできます。

 古本ならばヤフー以外でも簡単に販売できます。Amazonのマーケットプレイスがそれです。

 Amazonで本を買おうと検索すると新品の本の他に古本が売られていることがあります。この古本は個人が販売している商品です。自分が売りたい商品をマーケットプレイスに登録すると、Amazonが勝手に営業して売ってくれるという仕組みです。

 Amazonマーケットプレイス携帯サーチというサービスを利用すると、携帯電話からマーケットプレイスに出品されている本の価格を調べることができます。この価格とブックオフや古本屋で売っている本の価格差を比べれば利益が計算できます。このように古本転売で儲けることを「せどり」といいます。

 仕入先としてブックオフ(新古書店)を利用している人が多いようです。

 ブックオフではアルバイトでも簡単に値付けできるように、本の新しさと本の状態(汚れているかどうか)を基準にして値付けをしています。その本の古書的な価値などは考慮しません。そのためブックオフでの価格は古本としての価値とは大きくずれています。

 古本市場では高値がつく本でも1000円以下、ときには105円で売っています。こうした古本を購入してネットで販売すれば、数倍の儲けが簡単に出せます。店頭に並んでいる本から素早くその本の価値を見抜ければ「せどり」の達人というわけです。

 最初はAmazonの情報に頼って本探しをすることになるでしょうが、商品知識が増えてくれば、それこそ本の背表紙を見ただけでせどり(背取り)ができるようになります。つまり経験をつめばつむほど効率的に仕入れができるようになります。最初は得意ジャンルからはじめて、次第に手を広げていけば、自然とノウハウが蓄積できます。

 古本は単価が安いため、資本はほとんど不要、リスクもなく始められますから、本好きのネットビジネスには最適ではないでしょうか。


Amazonマーケットプレイス徹底活用
横手 久光 森 英信
4797330058


とっておきの秘技 Amazonを120%使いこなす秘伝書 (とっておきの秘技)
篠塚 充 持丸 浩二郎
4903111148

スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。