スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『正論なのに説得力のない人ムチャクチャでも絶対に議論に勝つ人』 その2

 「詭弁の鉄則」で著者が特に重要としているのは、「言い切れないことを言い切ってはならない」。十分な根拠がないなら、断定しないことがとても重要です。しかしながら、そこそこ根拠があると断定したくなるのが人情です。生活の中ではそんな断定もとがめられることは少ないでしょうが、相手の反論が予想される議論も場ではやめておいた方がよさそうです。

 本文の多くは詭弁の紹介に費やされていますが、あまりに数が多いので、そこは省略して、最後の「詭弁の真髄」を紹介しておきましょう。

詭弁の真髄―どんなタイプの詭弁を使うにせよ、あなたの述べていることが最も大事なことである、と相手に思わせよ (思わせるように説明せよ)
 そう思わせることができれば、大成功です!


 いますよね。「大事なことは…」と言う人。私なら「他にも大事なことはあるし、それが一番大事だとは言えない」と反論しますけど。

 本書は、日常での議論がいかに詭弁に満ちていて、それをどう見ぬくか、逆にどううまく利用するかに付いて述べたものです。

 いささか不謹慎との印象を与えかねませんが、これはある意味、言語生活のリテラシーかもしれません。

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。