スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分のお店を持つ

 時間が自由になる、好きなことを仕事にできるという点では、店舗経営もおすすめの仕事のひとつです。

 最近は、新しいタイプのお店がどんどんオープンしています。若い人たちが自分の趣味を生かしたお店や新しい業態のお店を成功させています。とくに目立つのがのんびりとした雰囲気のお店とや趣味性の強いお店です。

 ゆっくり流れる時間を大切にしたお店は飲食店に多くあります。若い人に人気のカフェなどはとりわけ「ゆっくり」「のんびり」「まったり」をキャッチフレーズのようにしています。最近の飲食店は回転率を上げることで利益を生み出そうとするものですが、若いオーナーの出しているお店はそうではありません。ゆっくりくつろいで欲しいというコンセプトで作られています。ファストフード店とはまったく店の作りも雰囲気も違います。内装やメニューも個性的です。オーナーの趣味が反映しているのでしょう。

 もっともマクドナルドなどに比べれば、コーヒーなどの価格は高く、粗利益は高くなっているはずです。回転率より粗利などというといかのもがめつい印象を与えますが、時間を節約することよりも閑適を味わうことが、こうしたお店の売りなのです。お店の居心地の良さが勝負です。

 マニアックな商品を扱うお店も多くなりました。輸入雑貨などはあたりまえ、海外のアンティークやレアもののコレクション、ガラクタのような古い商品を扱うお店も増えました。

 こうしたお店の魅力はなんといっても趣味性、道楽性です。わかる人にはわかる、欲しい人だけがほしがる、そんな商品が並んでいます。品揃えは当然オーナーの趣味でしょう。自分が好きで集めていたものを売るためのお店を出し、その売り上げでまた好きなものを買い入れてお店に並べます。そういったサイクルで商売をしている人も多いようです。既製品に飽き足らないオーナーたちは、オリジナル商品を開発してお店に並べています。オリジナルブランドもとても増えています。

 そういう様子を見ていると、やはり自営こそB級遊民的な仕事ではないかと思います。自分の夢をそのまま実現できる店舗経営はやはり魅力的な職業です。ショップオーナーがけっこう暇そうにしているのもまた魅力です。閑適、知足、道楽をそのまま実践しているようでうらやましい限りです。


スローワーク、はじめました。
谷田 俊太郎

スローワーク、はじめました。
「好き」をシゴトにした人―WORK FILES 01‐59 ネットではじめる雑貨屋さん 私も持てる。小さくて素敵なネットのお店 小さなお店、はじめました
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。