スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーランスにおける安定と自由

 フリーランスは被雇用者ではないので、労働時間は自分の自由になります。請け負う仕事の量も自分の営業しだいなので、仕事の量を適当に調整することもできます。いやな客との仕事は二度とやらないなどのワガママも通すこともできます。とにかく自由度の高さは各種労働形態の中でも一番でしょう。

 また、フリーランスの場合、趣味(遊び)と実益(仕事)をかねていることが多いのも特徴です。好きなことをやっているうちに気がついたらフリーランスで仕事をしていたという人も少なくありません。だから、働いているのかただ好きなことをしているだけなのか自分でもわからないことがあります。もし選んだ仕事が趣味の延長であるならば、B級遊民とっては理想の職業形態といえます。

 フリーランスは自由であるかわりに、フリーランスならではの苦労もあります。

 そもそも仕事が取れるのかという問題があります。仕事が取れるフリーランスになるには、それなりの技術技能を身につけなければならないのは当然ですが、それ以前に自分で営業をしなければなりません。クライアントになってくれそうな会社に出向いて、自分を売り込み、仕事を取ってくることくらいはできなければ、やがて仕事がなくなってしまいます。対人関係が苦手な人や自己PRができない人には向いていないかもしれません。

 仕事の受注が増えてきた場合、仕事を断りづらいという問題もあります。せっかくの仕事を断るとそのお客さんから次の仕事が来ない可能性が高くなります。安定的に仕事を請けるには多少無理でもノーとはいえないのが現実です。ですから、仕事が軌道に乗ると、どんどん長時間労働になる傾向があります。

 フリーランスは仕事量が一定してないので、仕事が少ないときの不安と仕事が多すぎるときの長時間労働の苦しさのふたつを行き来することも珍しくありません。

 自宅で仕事をしているフリーランスの場合、公私の区別がつきにくいといった問題もあります。仕事部屋とプライベートルームが同じであれば、さらに仕事とプライベートのメリハリがつきにくく、なんとなくリラックスできません。就業時間も決まっていないし、休憩時にチャイムが鳴るわけでもありません。現在仕事中なのかプライベートなのか本人でもわからなくなります。もっともこういうことは慣れてしまえばどうってことはないのですが、最初のうちは戸惑うかもしれません。

 どうしても慣れない人は別に事務所を借りることになるでしょう。同じ収入を得るためには、その分だけ余計に稼ぐ必要がありますが、職種によっては狭い自室では無理なこともありますから、やむを得ないでしょう。

 ここまでの説明でわかるように、フリーランスには自由はあるが安定はない職業形態です。サラリーマンは逆に自由はないが、安定があります。両者にとって自由と安定のバランスはまったく逆になっています。

 ダニエル・ピンクは『フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか』(ダイヤモンド社)の中で、このように書いています。「フリーエージェントにとって重要なのは、安定より自由。自己表現が自己否定に取って代わった。人々は組織の陰に身を隠すのではなく、自分の仕事に責任をもつようになった。なにをもって成功と考えるかは、あらかじめ決められた定義に従うのではなく、自分自身で決める。」

 まさに、その通りです。自由に大きな価値を見出す人にとってはフリーランスの自由は何物にも代えがたいものです。成功は収入の多い少ないだけに還元されるべきではありません。自由時間、自己表現、自主性、自己管理、責任など総合的に判断されるべきものでしょう。

 自分の好きなことがフリーランスの仕事につながるのなら、トライする価値はあります。手に職をつける職人志向の人もまたフリーランスを目指すのはいい選択です。好きなことをしながら気ままに生きることを実現しやすいのがフリーランスです。


フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか
ダニエル ピンク Daniel H. Pink 池村 千秋
4478190445

スポンサーサイト

テーマ : 独立・開業
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめましてスノーといいます。
2年少し前に前職を思い切って退職して、現在は給与所得は約1/3になりましたが、仕事面でのストレスもなく自分の時間が増え毎日楽しく過ごしています。時々その年齢で今の仕事(臨時職員)をやっているのかとさげすみとも哀れみとも取れる視線を感じますが、自分では大変幸せだと感じています。このブログを読んで共感することが多いのでコメントさせていただきました。


はじめまして。B級遊民のススメのライフスタイル非常に共感します。まさに自分の目指す道ですね。もっともっと実践して行きたいです。また続きを読みにきます。:)
プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。