スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第19話「攘夷決行」 一橋慶喜が嫌な奴すぎる件

 歴史的事実の説明が多くて、ドラマとしてはあまり動きがなく、少しばかり退屈な回でした。岡田以蔵(佐藤健)が勝海舟(武田鉄矢)の用心棒として活躍する場面を期待していましたが、それはなく、武市半平太と龍馬の別れの場面に時間をとられた印象です。このシーンはちょっと長すぎでした。

 龍馬が勝に、外を歩くのは危険と忠告していましたから、以蔵の活躍は近く見られるかもしれません。

 一橋慶喜の描き方がちょっとひどいです。家康以来の有能な人物という評価もあるのに、これではずいぶん軽薄で悪知恵ばかりの人間に見えてしまいます。「たぬき」であるという点では共通しているかもしれませんが、多くの視聴者は慶喜は嫌なヤツとの印象を持つんじゃないでしょうか。まさかこのまま押し通すとは思えません。今後どういう人物像を提示してくるのか気になるところです。
スポンサーサイト

テーマ : 龍馬伝
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。