スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の遺産をもらう

 少子化で日本経済が減退するのではないかと危惧する声も多く聞こえます。しかし、B級遊民にとって少子化は幸いする面もあります。親の遺産を少ない人数で分けることができるからです。

 家がもらえるなら、固定資産税を含む維持費だけを払えばよく、賃貸住宅の家賃を払う必要もないし、住宅ローンに苦しむ必要もありません。

 固定資産税は持っている土地建物の評価額によっていろいろです。年に数万円~20万円くらいになります。家賃1~2月分といったところです。

 相続した場合、法定相続分は次の通りです。

1000万円以下の場合、0万円
1000万円~3000万円以下の場合、50万円
3000万円~5000万円以下の場合、200万円
5000万円~1億円以下の場合、700万円
1億円~3億円以下の場合、1700万円
3億円を超える場合、4700万円

 遺産に流動資産が含まれていれば、それで払えばよいし、固定資産ばかりで現金がないのなら、自分の貯金を使うか、あるいは不動産を売ってしまって、小さなマンションを買うとかすればよいでしょう。

 自分ひとりならば、それこそワンルームで間に合ってしまうし、自分が死ぬまでであれば、中古で済ませればよいのです。ワンルームの中古、それも場所を選ばなければそれこそ数百万円で買えます。

 それなりの広い土地があるのなら、相続税対策もやっておきましょう。一番のお勧め親の生存中にアパート経営をはじめることです。アパート・マンションは、一般住宅に比べ相続税評価が3割安になります。これなら支払う相続税は少なくてすみます。将来の安定収入もかねることができて一石二鳥です。しかし、都心以外では賃貸の借り手がつきませんので、あらかじめのリサーチは必要です。

 もし親が建築費は出せないというのなら、共同出資にして共同名義にする方法と親に貸付金という形でお金を出して親の単独名義にしておく方法があります。相続税が多い場合は後者の方が有利です。

 アパート化にする場合、自分が暮らす部屋はアパートの一室にしておくとよいでしょう。親が死んだ後、自分が親の住居していた部屋に移るか、親の住居していた部屋を貸して、自分はそのままアパートの一室に残ると効率的です。自分がアパートの一室に残る場合は、その一室のみは自分が住みやすい形に設計しておくとよいでしょう。

これ1冊で安心!相続の手続きと節税がぜんぶわかる本
東京シティ税理士事務所 菊地則夫/村岡清樹/加藤大輔
486063229X


「親の家」でお金持ちになる方法。―親の持ち家、自宅があれば誰でもできる投資術
白岩 貢
4757214995


スポンサーサイト

テーマ : 節約生活
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。