スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第13話「さらば土佐よ」 もう少し涙が出てもいいんじゃないですか?

 今までの対立葛藤が最高潮に達し、一気にマグマが噴出したそんな回でした。

 龍馬脱藩、吉田東洋暗殺。それにまつわるもろもろをうまく組み合わせて見事なドラマに仕上げていました。

 残念だったのは龍馬(福山雅治)と乙女(寺島しのぶ)との別れのシーンで両者ともなかなか涙が出てこなかったこと。とくに福山は時間をかけたわりに落ちた涙が一滴とは少なすぎます。福山雅治がなんとか涙を出したいと工夫しながら演技をしたのだろうと想像していたら、感動が薄れてしまいました。

 それと脱藩に対して坂本家が協力的すぎますね。あのような理解の仕方ってのは当時としてはありえたのでしょうか。疑問ですが、その後、龍馬と乙女との間で普通に手紙がやり取りされていることを考えるととくに両者に軋轢もなさそうなので、案外大丈夫なのかもしれません。

 吉田東洋の暗殺場面でのカメラ位置がどうだったか。切られて断末魔にある東洋の顔が刺客の足に隠れてよく見えないシーンがありました。そこはやはり東洋の顔が見えるべきでしょう。もっと丁寧なカット割りにして欲しかったです。演出家としてはそれをリアリティと捉えたのでしょうか。

 龍馬は脱藩して何をするつもりなのか、はっきり描かなかったのはなぜでしょう。何ができると思ったのか。何をするつもりだったのか。それを描いてないので、煽られただけの無謀な計画に見えてしまいます。

 土佐の中にいたのではできない大きなことをするつもりなのはわかりますが、それがどういう行動なのか。まったく見えません。はて、これでいいのでしょうか。

 長州や薩摩の動きに呼応して、攘夷を決行するつもりであったのかもしれませんが、やはりその当時の京都の動きなどが描かれていないので、より大きなドラマが描けていないようなうらみがあります。

 それはともかく、ドラマはいよいよ面白くなってきました。来週は武田鉄矢の勝海舟にがっかりしそうで、やや心配ですけど。

スポンサーサイト

テーマ : 龍馬伝
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。