スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第12話「暗殺指令」 弥太郎の嫁はマイコというモデル

 先週、説明が足りないと文句をいいましたが、今週は完全な政治ターンでした。しかし、残念なことに台詞に頼って説明しすぎでした。

 久坂玄瑞(やべきょうすけ)が龍馬(福山雅治)を相手に攘夷の説明をし、吉田東洋がなぜ山内容堂は(今のところは)攘夷ではないのかを武市半平太を相手に説明してました。もう少しドラマの中に自然に溶かしこめないものでしょうか。

 京都の三条家に入った加尾(広末涼子)が化粧をして綺麗になっていて、ちょっと救われました。あのままでは残念すぎますから。

 弥太郎の嫁さんが背が高くて可愛いのですが、ちょっと顔が長くて鼻が長くて不思議な雰囲気でしたね。マイコというモデルだそうです。それにしてもあの汚い家に一緒に住んでいたというのは本当でしょうか。可哀想すぎます。

 それと弥太郎があまりにコント的です。面白いのはいいのですが、ちょっとやりすぎ。お笑い要素はほどほどにしてもらいたいです。

 吉田東洋が武市半平太を足蹴にする演出は武市の恨みをより正当化するための演出と見ました。でも、半平太が東洋の暗殺を龍馬に頼むのはいかがなものでしょう。龍馬がやりそうもないことは半平太はわかっているはずなのに、どういうつもりなのか。

 吉田東洋は龍馬を買いかぶりすぎだし、後藤象二郎は危機感を抱きすぎです。龍馬はまだほとんどなにもしていないのに。

 今回は図式的説明的なシーンが多くてちょっとドラマとしての面白さにかけていました。


マイコha-n!(マイコオフィシャルブログ)


スポンサーサイト

テーマ : 龍馬伝
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。