スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『7.5ウイグル虐殺の真実』 中国の軍事力が増せばいずれ日本も収奪される

7.5ウイグル虐殺の真実―ウルムチで起こったことは、日本でも起きる (宝島社新書)
4796674551


 イリハム マハムティ著

 著者は世界ウイグル会議日本代表のウイグル人。今は家族と日本で暮らしています。

 新疆ウイグル自治区は中国側の都合でつけられた名前です。新彊=新しい土地、という表現に中国の侵略主義が表れています。もちろん自治など行われていません。ウイグル族側の呼称は東トルキスタンです。

 日本のマスコミが中国に関して正しい報道をしない理由について書いてありました。日中記者交換協定に「(日本人記者は)中国政府に不利な言動を行わない・日中関係の妨げになる言動を行わない・台湾独立を肯定しない」という取り決めが含まれているからです。

 NHKは特にひどく、かつてNHKと中国政府直営の中央電視台が合弁で作った梅地亜(メディア)飯店というホテルがあり、現在NHKはその経営から手をひいてはいるものの、中央電視台のメディアセンターとして使われており、NHKの中国取材はすべてこのメディアセンターを通して現地の手配がなされています。

 こんな状況でまともな報道はありえません。

 中国は東トルキスタンを自分達の好きなように利用してきました。1964年から46回もの核実験を行いました。放射能汚染はそうとうなものです。また石油と天然ガスなどの豊富な資源を収奪しています。そして中国人が水を大量に使うことでウイグル族には深刻な水不足が起こっています。

 日々の抑圧、人権侵害もかなり酷いものです。東トルキスタンには開拓に従事する大量の軍人が送り込まれており、ウイグル族がデモを行えば、暴力で圧倒し、虐殺したり逮捕したうえ、中央電視台はウイグル族の暴動だと伝え、日本のマスコミはそのまま報道します。

 ウイグル族を根絶やしにする政策もとられています。若い女性を遠い地域に強制的に働きに出させ、ウイグル族同士での結婚出産を妨害しています。

 サブタイトルは「ウルムチで起こったことは、日本でも起きる」とあります。中国が尖閣列島の領有権を主張しているのはご存知のとおりです。地下資源があると知ったがために急に領有を主張してきたのです。東シナ海のガス田開発も同様です。理屈もなく勝手にやってきて他国の資源を収奪するのが中国のやり方です。

 このまま中国の軍事力が増大し続ければ、やがて日本は中国に収奪される周辺国になってしまうでしょう。


反日マスコミの真実2010 ―日本を壊す、言論統制と情報封殺システム―(OAK MOOK 327 撃論ムック) (単行本) 中国を追われたウイグル人―亡命者が語る政治弾圧 (文春新書) NHK捏造事件と無制限戦争の時代 NHKの正体―情報統制で国民に銃を向ける、報道テロリズム(OAK MOOK 293 撃論ムック) 「武士道」解題―ノーブレス・オブリージュとは (小学館文庫)
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。