スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第10話「引きさかれた愛」 前田敦子が田舎の小娘すぎる件

 史実では平井加尾(広末涼子)と坂本龍馬(福山雅治)が恋愛関係にあったかどうかは不明です。それをここまでの恋愛劇にすることに若干の違和感を覚えました。実際の平井家は上士、坂本家は下士。いくらなんでも結婚はありえないと思うんですけど…。

 史実ではこのあとも加尾と龍馬の関係は続きます。といっても恋愛というわけではありません。政治的な動きでつながりがあったようです。龍馬伝では当然恋愛がらみで描くんじゃないでしょうか。もしかしたら駆け落ちをする寸前までもっていくかもしれません。実際に竜馬が駆け落ちを目論んだという説もありますが、眉唾です。

 柴田備後(北見敏之)の邸宅で、加尾が京に行くことを承諾し、竜馬が外で「かおー」と叫ぶシーンはよかったです。柴田の俗物ぶりに辟易としながらも武市半平太(大森南朋)が彼をかつがざるを得ない苦しい事情。竜馬たちへの済まない気持ち。いろいろと重なったいいシーンでした。(正直いうと、嘘っぽさに少し醒めましたけど)

 でも、平井収二郎(宮迫博之)がちょっと卑怯かな。腹切るぞと脅して妹に承諾させるなんて。その収二郎も最期は…。許してやりましょう。

 坂本春猪(前田敦子)が登場しました。どうということもない田舎娘に見えました。白い歯ばかりがやけに目立っていました。もう少し可愛くしてやってもいいんじゃないかと思ったのですが、このドラマは見た目のリアル感を大切にしていますので、土佐の小娘は土佐の小娘に見えるように演出する方針のようです。

 坂本乙女(寺島しのぶ)の旦那である医者の岡上樹庵(温水洋一)も登場しました。史実では身長150㎝以下の小男でときおり癇癪を起こして174㎝の乙女に暴力を振るっていたそうです。体格的にも戦闘能力から見ても乙女の方がはるかに上でしょうから、乙女がそうとう自制したのでしょう。樹庵は女中とできていたので、龍馬は彼を嫌っていて、樹庵が留守のときを狙って乙女に会いに行っていました。

 それにしても井伊直弼の影が薄いですね。日米修好通商条約にいたるドタバタも省略されていて、なんで倒幕の機運が高まるのかあれではよく伝わらないでしょう。今回は恋愛シーンが長すぎました。

スポンサーサイト

テーマ : 龍馬伝
ジャンル : テレビ・ラジオ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前田敦子写真集『あっちゃん』 |前田敦子 /Takeo Dec.

前田敦子写真集『あっちゃん』前田敦子 /Takeo Dec.集英社 刊発売日 2...

前田敦子写真集『あっちゃん』 |前田敦子 /Takeo Dec.

JUGEMテーマ:女性タレント・アイドル・グラドル 前田敦子写真集『あっちゃん』前田敦子 /Takeo Dec.集英社 刊発売日 2010-02-25 最高です 2010-03-23 とってもかわいいあっちゃんが見れていいですよ! あっちゃんファンにはオススメの1冊です さらに詳しい情報...
プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。