スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『絵解き 菜根譚 一〇八の処世訓』 古の聖人や賢者と心を通わせ語り合う

絵解き 菜根譚―一〇八の処世訓
4639019467


 画:傅益瑤、書:李兆良

 中国の人生訓である『菜根譚』より108の言葉を選び、美人画家の傅益瑤が水墨画を描き、李兆良が章句を墨書してできたものに、英訳と日本語訳を付けています。

 菜根譚は禅を語りブッダの言葉を引用しており、仏教を基本思想としています。欲を少なく心を穏やかにすることこそが最高の価値であり、忠孝などの人間集団についての倫理は見られず、仕事をすることを勧めはしますが、出世への意欲も弱いようです。

 格言のような処世訓は多く見られますが、原理や道理を説くことはあまりしません。このあたりが仏教書とは違うところかもしれません。しかし、それは必ずしも欠点ではなく、菜根譚の親しみやすさであり読みやすさかもしれません。

 選りすぐりの言葉ばかりなので、引用したい箇所が多すぎて困りますが、とりわけ印象深い言葉をいくつか紹介しましょう。

 主義主張は高位高官の人をもしのぎ、学問教養は高尚このうえなくとも、修養にうらづけられた徳がなければ、つまるところ血気にはやった自己主張にすぎず、すぐれた文才も小手先のわざに堕してしまう。


 徳があってこそその言葉が生きてきます。名言も誰がいうかによって重みが違ってきます。徳もないのに偉そうなことをいうのはみっともないことです。

 水辺で釣糸を垂れるのは、はた目に風流な楽しみに見えても、魚の命を左右する権柄を手にしていることを知らなければならない。
 盤に向かって碁石を打つのは、いかにも上品な遊びに見えても、勝ち負けを争う心が動いていることを知らなければならない。
 趣味も多ければ多いだけ煩わしさも多いのだから、控えるのがよく、才能にしても多方面で発揮するよりは、自分の本性を知って一方面で生かすほうがよいのである。


 釣りは殺生だからよくないというのは江戸時代にもあった考えです。碁や将棋も争う心だからよくないというのはたしかにその通りでしょう。戦争のゲームをしてしまう自分はどれほどひどいかと反省させられます。徳にはほど遠いです。成長するわけがありません。

(略) いまの人の不道徳や不手際をあれこれあげつらうより、昔の人のりっぱな行いに思いをはせるほうがよい。


 まったくその通り。しかし、人の足らないところや失敗は目についてしまうし、つい批難してしまいます。腹をたてることもしばしば。そんなことに時間をつかうより読書をし、昔の賢人との付き合った方がいいようです。

 心はいつも清らかでなければならない。清らかであれば道理のほうから自然にわが心にやってくる。
 心はいつも充たされていなければならない。充たされていれば物欲がわが心に入り込むすき間はない。


 心が濁っているから道理がわからないのです。理屈を言ってもどこか説得力がありません。心が充実していれば、物欲にとりつかれません。空虚な心に渇望が生まれます。空虚な心を埋めようとつまらないことをはじめます。

 心が揺るがずに平静でありさえすれば、いつでも山中の緑陰にある心境でいられる。
 心をひろく持って万物を受け入れ育てはぐくむ心構えがありさえすれば、どこでも魚が躍り鳶が飛ぶような自由自在な心境になれる。


 平常心というのはむずかしいものです。ちょっと嫌なことが簡単に心は揺れ動きます。ハートオブゴールドを求め続けていますが、まったく実現しません。そして私は年老いていく。ニール・ヤング。

 千載一遇のめぐり逢いといったら、それは読書好きの良い友に出会うことである。
 生涯にわたる清らかな幸福といったら、それは一碗の茶をわかす炉からたちのぼる煙のように身を静かな環境に置けることである。


 将来、鴨長明のように方丈庵に暮らす生活をしてみたいという気持ちもあります。でも林の中の小屋となるとどれだけ不便でしょう。できれば図書館とスーパーの近くがいいとか言い出すと、とても実現できそうもありません。

 高位高官の地位にあっても、林中に隠棲しているようなおもむきを失ってはならない。そうあってこそ、ふさわしい風格というものがあらわれる。
 林中に隠棲していても、天下国家を論じるだけの見識を失ってはならない。そうでなければ、ただの世捨て人となってしまう。


 結構ニュースが好きで政治経済にもそこそこ興味のある自分にはこのほうがありがたい。それに世間への関心を失ったら、すぐにボケそうです。このあたり菜根譚が仏教思想とはちょっと違うところです。

 あばら屋ではあるが、日々詩を誦(しょう)し書を読んで古の聖人や賢者と心を通わせ語り合う。貧乏は辛い毎日であると誰が言えようか。
 一樽の酒ではあるが、天を幔幕とし地を敷物として独り宴をし、折々天地自然と一体化する。酔は禅の境地に違うと誰が言えようか。


 漢詩のような生活というのは憧れます。自然と一体となった穏やかな日々。しかし、実際にはできないでしょう。自分は田舎には向かないというのも経験的によくわかっています。でも、いつかそういう心境に近づけたら、と思います。

 菜根譚は仏教を基本としていると最初に書きました。こうやって引用してみると、仏教の厳しさはやや薄く、漢詩的な閑適の生活をよしとする傾向が見られることがわかります。そもそも仏教は酒は禁止されています。自然を楽しむという発想もありません。菜根譚の魅力がこの「ゆるさ」でしょうか。


菜根譚 (講談社学術文庫)
中村 璋八

菜根譚 (講談社学術文庫)
マンガ菜根譚・世説新語の思想 (講談社+α文庫) 20世紀 日本の経済人 (日経ビジネス人文庫) 菜根譚 (岩波文庫) こどもに伝えたい今も昔も大切な100のことば―みんなのたあ坊の菜根譚 20世紀日本の経済人〈2〉 (日経ビジネス人文庫)
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。