スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひたすら貯金をして早期退職をめざす

 まず、サラリーマン生活からB級遊民への道を探ります。

 それには早期退職が一番安全確実な方法です。普通にサラリーマンとして働いて、貯金に励み、リタイア後の生活を守る資産を用意して、自分で勝手に早期リタイアをしてしまいましょう。

 自分勝手な退職ですから、会社の都合の退職にくらべると金額的に厳しくなります。というか、普通の額しかもらえません。そのあたりは覚悟して、事前に総務に相談するなりして、退職金の額を聞いておいたほうがいいでしょう。

 引退後のためにどれだけ貯金をすべきかは、引退後にどういう生活をイメージしているかによって違ってきます。他の生活手段が併用できるかどうかにも大きく影響されますので、一概にはいえません。自分なりの計算が必要です。

 しかし、計算してみて生活が成り立つ見込みがあるのなら、早い時期から実行することをおすすめします。

 定年まで働いて、引退するとして、はたして自分の好きなことができるでしょうか。健康でいられるでしょうか。趣味によっては元気なうちに早期退職に踏み出さないと、何もできずに終わることもあり得ます。スポーツ系や旅系など、エネルギーの必要な趣味はとくにそうです。別分野に華麗に転身などと考えている人も若いうちから転身した方がチャンスが多いのは当然です。

 そうしたことも考えると、50代どころか40代での早期退職も視野に入れなければならないでしょう。
 また、早期退職を目指すなら、若い頃から節約に励まなければなりません。

 節約というケチ臭く、苦労のわりに報われない印象を持つかもしれませんが、長年続けた場合の節約の威力は相当なものがあります。

 節約を年利で考えてみれば、その有効性がよくわかります。例えば、100万円を貯金に1%の利息がついても、1万円にしかなりません。しかも、いまどき1%の利息する夢のような高利子です。ところが、年に1万円の節約などたやすくできます。数千円の無駄な買い物をあきらめれば、数千円が丸ごと節約できるし、1万円の買い物を1000円安く買うことができれば、1000円の節約です。こうした積み重ねで年に数万円を浮かせるなどそう難しいことではありません。

 もし、5万円の節約ができて105万円の貯金ができたなら、年利5%で預けたのと同じことです。複利でないのが残念ですが、今時こんな高利の預金など、少なくとも日本のどこにもありません。

 若いころからせっせと節約し、貯金に励めば、それだけ余裕のあるB級遊民になれます。サラリーマンなど貯金する余裕がある人はお金をためることを第一の目標に暮らすことをお勧めします。

 同じ早期退職でも企業がリストラの一環で行っている早期退職制度に遭遇できた人はラッキーです。早期退職制度は、定年よりも早く退職すると、退職金がその年齢で本来もらえる額よりも多くもらえるという願ってもない制度です。こんな幸運は滅多にあるものではありません。早期退職制度のチャンスがめぐってきたら、迷わず飛びつきたいものです。


「早期退職制」の損得を考える本―人生決断のバランスシート 先行15社のケースを読む!
鍋田 周一


会社を辞めて成功する人失敗する人―退職決行はこの本を読んでから!!
会社を辞めて成功する人失敗する人―退職決行はこの本を読んでから!!川端 裕

TAC出版 2006-03
売り上げランキング : 140199

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
会社を辞めて幸せになる本 (ぶんか社文庫) 誰も教えてくれなかった すっごい得する会社の辞め方―退職前後の動き方しだいで大きな金額の差が出る! 自分の適職がわからない時に読む本―就職で失敗したくない、してしまったすべての人へ 退職前後の手続きまるわかり―会社をやめる人のカンペキガイド 会社を辞めるときの手続き完全ガイド (エスカルゴムック 231)

スポンサーサイト

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。