スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第6回視聴率 21.2%

 龍馬伝第6回の視聴率は21.2%でした。前回に比べてマイナス3.2%という過去最大の落ち込みです。

 裏番組に亀田2のボクシングという怪しげな興行があったのが原因でしょう。第6回の素晴らしさを考えると3.2%の視聴者はじつに残念な人たちです。(土曜日の再放送がありますので、ぜひ見てください)

 視聴率の推移

 第1回 23.2% 前回との差
 第2回 21.0% -2.2
 第3回 22.6% +1.6
 第4回 23.4% +0.8 最高視聴率更新
 第5回 24.4% +1.0 最高視聴率更新
 第6回 21.2% -3.2

 それにしても武市半平太(大森南朋)の恨みが深そうです。

 土佐藩主の山内豊信(のち容堂)(近藤正臣)に意見書をほめられて有頂天。土佐藩参政の吉田東洋(田中泯)から呼び出しがかかり、意気揚々と出かけます。自分が取り立てられるとでも思ったのでしょうか。途中、岩崎弥太郎(香川照之)に会うと、わざわざ声をかけ自慢をします。

 そして吉田東洋との面会。

東洋「おんしの、土佐を思う心、実にあっぱれじゃ。 けんどのう、日本は異国を討ち払えると本心で思うちゅうがか? 我が国の船では西洋には行けんけど、向こうは当たり前のようにやってくる。それだけで、力の差は歴然じゃ」

武市「異国など討ち払うべきです。我々にはそれができるんです」

東洋「その程度の男じゃったか。日本は今までのようにはいかん。それもわからんとは」

 東洋には洋式兵器の重要性がわかっていましたが、半平太は自分の意見が入れられないのは、自分が下級武士の郷士であるからだと考え強く恨みをもちます。

 攘夷か開国かという問題は一筋縄ではいきません。薩長は攘夷をいいながら幕府を退けて、明治政府を立てた後、開国へと突き進みます。急に考えが変わったわけではありません。欧米の科学技術の導入が必要不可欠であることは、海外の知識があり、時代の流れが理解できていた者にはわかっていました。しかし、それを表立っていうことは攘夷派の暗殺にあう危険をともないました。

 単純な攘夷論者は「わかっていない」のです。ある者は無知ゆえに、またある者は武士の世界にこだわるあまりに。そのわかっていない連中が集まり、暗殺を繰り返す時代が始まります。

 坂本龍馬(福山雅治)に先をこされ、鬱屈しながら地元に残り、岩崎弥太郎にも先をこされ、藩にとり立てられるという唯一の希望も失った武市半平太。根深い恨みは尊皇攘夷という時代の大義と結びつき、暗く燃える情念として噴き出します。


武市半平太伝―月と影と
4404024738

スポンサーサイト

テーマ : 龍馬伝
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。