スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知的好奇心は人間らしい快楽

 人間が知的好奇心を満たすことを好むのは、人間の生物として特徴です。

 進化の過程で動物は外界の情報から危険を察知したり、獲物のありかを知ったりするようになりました。とりわけ人間は、世界がどうなっているかを知的に理解し、想像力を働かせることによって、より柔軟な行動が取れるようになりました。知的好奇心と想像力は生き残るために有利な能力だったのです。

 神経経済学者のジョージ・ローウェンステインによると、好奇心は「知りたいと思っていることと現に知っていることのギャップ、すなわち『情報のギャップ』に気づくところから生じる」そうです。(グレゴリー・バーンズ『脳が「生きがい」を感じるとき』日本放送出版)

 世界についての不完全な知識より完全な知識の方が生きるにはより有利でしょうから、知識を更新することはとても重要なことなのです。自分の知識に何か間違いがあると気づいたら、即座に訂正しなければなりません。そして、そのように知識を訂正した個体ほど生き残りやすかったのです。

 しかし、人間において知的好奇心は本来の目的から離れてしまいました。知的活動は、もはや生きることとは独立した楽しみとなっています。

 趣味の世界における知的好奇心の例をあげましょう。

 鉄道マニアは電車についての膨大な知識を持っていて、電車の車両のわずかな違いにも気づきます。彼は新しい情報に好奇心を示し、すぐに飛びつきます。そしてより完全な知識を得ようとします。「ある特別な事柄について知れば知るほど、自分の無知に気づくこととなり、その認識がさらなる好奇心を誘発する」(同前)からです。

 知的好奇心を満たすことには快感が伴います。ですから、「好奇心は中毒になりやすい性質のもの」(同前)です。そこにマニアやオタクが生まれる原因があります。科学の世界も同じく知的好奇心にとりつかれた人たちが生み出したものですが、社会にとってはどうでもいいような分野でのマニアの世界も同じ原因により生み出されました。

 もちろん誰もがマニアやオタクになるわけではありません。たいがいの人は、ある程度のことがわかったら、それで満足して熱は冷めてしまいます。好奇心は人を中毒にもしますが、適当なところで知的好奇心に歯止めをかけることも理性の働きです。

 どちらがいいというわけではありません。とことんやりたい人は一つの道を追求すればよいし、そうでない人はいろいろな趣味に手を出せばよい。自分の個性に従って、自分なりの好奇心の追求をすればいいのではないでしょうか。

 道楽は道を楽しむと書きます。道を一筋に追求する楽しみもあれば、好奇心のおもむくままにあちこちに首をつっこむ道の楽しみ方もあるのです。

 ちなみに、白川静によれば「道」という字は、異族の首を刎ねて、邪霊を払う呪具としてかかげて、未知なる地に踏み入ることを意味しています。「その生活圏を外に開くことは、ときには死の危機を招くことをも意味する」(『文字逍遙』)。

 探求の道は気楽に楽しむにしてはいささか物騒なようです。好奇心にかられてひとり未開の地にのぞむ人は邪霊に襲われないように気をつけてください。


脳が「生きがい」を感じるとき
グレゴリー バーンズ 野中 香方子 Gregory Berns
4140811250


文字逍遥 (平凡社ライブラリー)
白川 静
4582760465

スポンサーサイト

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。