スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無縁社会への反論 家族と同居する老人こそ自殺する

 NHKスペシャルの『無縁社会』は、孤独死をよくないものであるとする観点から制作された番組です。老年を一人で生きること、一人で死ぬことをことさら悲惨なことであるかのように印象付ける演出に満ちていました。

 しかし、老人の死を自殺という観点から見てみると、まるで違う風景が見えてきます。

 福島県精神保健福祉センターの分析によると、高齢者(65歳以上)の自殺は家族と同居している人に多いことがわかりました。高齢で単身者の自殺は全体の5%以下に過ぎないというのです。

 調べてみると福島県の高齢単身世帯の割合は7.02%です(総務省統計局 『社会・人口統計体系』 (2008)調べ)。もとより高齢単身世帯が少ないとはいえ、自殺率はさらに少ない5%ですから、本来の比率より3割(*1)も少ないのです。家族と同居の方が自殺のリスクが高まることは間違いありません。(注1 福島県精神保健福祉センターの高齢で単身者の自殺は全体の5%以下という数字はどうやら平成14年度のものらしいので、この計算は適切ではありません。数年で大きな変化はないでしょうから、参考値とでも考えてください。)

 自殺したお年寄りのほとんどが家族と同居していました。一人暮らしのお年寄りの自殺者は全体の5%以下に過ぎません。お年寄りの自殺者の多くが生前家族に「長く生きすぎた」、「迷惑をかけたくない」ともらしていました。お年寄りは病気がちになったり、体力が低下したり、物忘れが多くなることで心身両面の衰えを自覚し、同居する家族に看護や介護の負担をかけることへの遠慮が生じると考えられます。周りの者は決してそんなことは考えていなくても、御本人は負担に感じてしまうのです。
     福島県精神保健福祉センター「高齢者の自殺の実態」



 福島県精神保健福祉センター分析では、これを「家族への精神的負担」とまとめていますが、同居世帯老人の自殺をそれだけで説明できるものではありません。

 たしかに家族に介護をさせる「申し訳なさ」は介護を受ける本人にも大きな精神的負担でしょう。しかし、実際に自殺をすれば、残された家族は老人にひどいことをしたと後悔に念に苛まれるはずです。家族のためを思っても、かえってむごい仕打ちにもなります。

 多くの自殺死体を見てきた監察医の小野正彦氏の意見はこうです。

 3年間の調査で、私自身も意外だったのは、自殺に追い込まれた老人の家庭環境別の比較である。当時はこれを、三世代同居、夫婦ふたり暮らし、子どもとふたり暮らし、ひとり暮らしなどの項目に分類し、整理した。
 その中で最も多かったのは、意外や意外、三世代同居の老人で、全体の60パーセント強を占めていた。以下、子どもとふたり暮らし、夫婦ふたり暮らし、ひとり暮らしの順に続いた。
 当時は、先入観として、家族と同居の老人こそが最も幸せと考えていたが、必ずしもそうではなかった。むしろ同居の中で、信頼する身内から理解されず、冷たく疎外されているわびしさこそが、老人にとって耐えられない孤独だった。これが一番の自殺動機になっていたことを見逃すことはできない。
 その逆に、ひとり暮らしだから孤独かというと、そうでもない。ひとり暮らしの老人は、それはそれで自分の城を持ち、訪れる身内や近所の人たちと交際し、それなりに豊かさを持っている。
     『自殺死体の叫び』上野正彦(ぶんか社、1999年)



 小野氏は老人が家族から理解されず疎外されている状況を重く見ています。

 おそらくこの二つ「家族への精神的負担」「疎外状況」が大きな理由ではないでしょうか。どちらの理由がより多いかは不明ですが、介護されている老人の自殺はあまり聞かない話です。体が弱っている状況での自殺は物理的に困難であることなども考慮すると、おそらく「疎外状況」での自殺の方がウェイトが重いように思われます。

 NHKスペシャル『無縁社会』が将来増えると予想される孤独死を憂慮するのはいいでしょう。寂しさを感じる老人はいるはずです。

 しかし、以上見てきたように高齢単身世帯だけが悲惨であると決めつけることには無理があります。ましてやこの番組が家族と同居すれば問題はないかのような印象を与えるとしたら大きな間違いです。むしろ家族と同居する老人の抱える「家族への精神的負担」と「疎外状況」こそより悲惨であることを問題とすべきです。なにしろ家族と同居する老人の方がずっと多く自殺で人生を終えてしまうのですから。

自殺死体の叫び (角川文庫)
4043400063


高齢者の孤独と豊かさ (NHKブックス)

高齢者の孤独と豊かさ (NHKブックス)
「老いる」とはどういうことか (講談社プラスアルファ文庫) ひとり誰にも看取られず 激増する孤独死とその防止策 団地と孤独死 高齢者の孤独―25人の高齢者が孤独について語る (シリーズ デンマークの悲しみと喪失) 高齢者の喪失体験と再生
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : NHK
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。