スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『チーズはどこへ消えた?』  なぜ売れたのか、そして続編

チーズはどこへ消えた?
Spencer Johnson
459403019X


 スペンサー・ジョンソン著

 メインの物語は短い寓話です。前後にその寓話から教訓を読取る人々の様子を描いています。

 物語の内容は普通です。ビジネス系の啓発書にありがちなことが抽象的に書かれているだけです。

 それなのに、なぜ話題になったのでしょうか、絶賛する人がいるのでしょうか。

 理由の一つは、普段読書しない人が読んでいるから、でしょう。ベストセラーの読者はたいがいそうですが、平凡な内容に大げさに驚いたり、感動したりします。あまり読書経験がないのでその本の価値がどの程度がわからないし、昔からあるものの焼き直しにすぎず普通の内容であることにも気づきません。つまり、無知のなせる技です。

 理由の二つ目のは、寓話から教訓を読み取った自分の読解力に満足感を得るから、です。自分はこの物語から教訓を読み取る力があるのだと単純に喜んでしまうひとがいるのです。小説を教訓的に読む人もこれに類します。文学をイソップ物語の大人版だと思っているような人です。

 こうした理由でこの物語を高評価をするのだと私は理解しましたが、斜に構えすぎているでしょうか。

 この寓話の構造は登場する二匹のねずみと二人の小人の役割を見れば大体想像がつくでしょう。

 二匹のねずみ、スニッフとスカリーは「変化に敏感な人」と「行動する人」をあらわしています。
 二人の小人、ヘムとホーは「変化しない人」と「自ら変化する人」をあらわしています。

 そして教訓。

 状況は変わる。今まで恩恵を与えてくれたチーズ(ビジネスモデルでも恋人でもいい、なにかの例え)がいつかなくなってしまうかもしれない。だから、状況の変化に敏感でいるべきだ。変化を感じたら、次のチーズを求めて行動を起こすべきだ。

 その通りに行動するのが二匹のねずみです。しかし、それだけだと膨らみがありません。そこで変化に敏感でなく、また積極的な行動的もしない二人の小人が出てきます。

 小人のホーは、状況の変化に付いていけないのですが、やがて自分がチェンジする決心をして、新しいチーズを探す行動を取ります。もう一人の小人ヘムは、変化することを望まず、チーズが戻ってくることを期待して待ち続けます。

 物語の教訓である「変化に対応せよ」というメッセージは驚くほど平凡なものですが、実際には変化に対応できる人は多くはありません。たいがいの人は過去の成功体験にこだわったり、新しいチャレンジをすることに尻込みをするものです。わかっちゃいるけど、変えられないのです。ビジネスにおいても私生活においてもしかりです。

 だから、このメッセージは永遠です。いかに平凡なメッセージであっても、自分も変わらなくちゃと考えて、共感する人は絶えないでしょう。

 私なりにこの物語の続きを考えてみました。

 まずは実際の物語のラストシーンから。

 やがて、外の迷路で何かが動く音が聞こえた。音が大きくなり、誰かが近づいてきたのがわかった。
 ヘムがやってきたのだろうか? 彼が角を曲がろうとしているのか?
 ホーは祈りの言葉をつぶやいた。これまで幾度となく願ったことだが、ついに旧友がやってきたのでありますように……


 次の瞬間、通路の角から現れたのは、巨大な猫だった。
 ホーの姿を認めると、猫は踊りかかってきた。
 ホーは驚き、すぐにチーズ・ステーションNの中に逃げ込んだ。ホーはチーズの隙間に滑り込み姿を消した。そうして入り口を覗き見た。
 猫がチーズ・ステーションNに入ってきた。
 スニッフとスカリーの二匹は何も気づかず、チーズを食べていた。
 猫は背後からスニッフに飛びかかり頭からかぶりとかじりついた。スカリーは恐怖で身動きができなかった。スニッフの頭をかじりとった猫はすぐにスカリーに飛びかかり、やはり頭からかじりついた。ガリガリといやな音がした。
 猫の名前はグローブだった。
 そのとき、ホーはさとった。「間違えた場所に来ることもあるんだ」と。


Who Moved My Cheese?: An Amazing Way to Deal with Change in Your Work and in Your Life 頂きはどこにある? 『チーズはどこへ消えた?』『バターはどこへ溶けた?』どちらがよい本か? 金持ち父さん貧乏父さん 7 Habits of Highly Effective People (3CD)
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。