スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『東大生はバカになったか』 つづき 日経新聞を理解できるのが最低レベル

東大生はバカになったか (文春文庫)
4167330164


 立花氏の考える教養とは何か。

 教養のある人とは人類の知の遺産を相続する人だといいます。「人類の遺産の全体像を把握させるということが、教養教育のもう一つの重要な柱です。」 この全体像にはたんなる知識だけでなく、芸術を鑑賞する能力も含まれます。リベラルアーツ全般ということです。

 それは旧制高校や旧帝大における文系に偏した古典的な教養ではありません。教養は知の全体に及ぶ総合的なものであり、時代に応じたものだというのが、立花氏の考えです。だから現代には現代にふさわしい教養があります。

 氏は教養のミニマム(最低限)は「日経新聞を初めのページから最後の文化欄のページまでをちゃんと理解できる、これが知識の基本ラインである」といいます。新聞のすべてをちゃんと理解出来るというのはかなりのレベルですが、それが最低ラインだといいます。

 さらに常識(=教養のミニマム)のイヴェントリー(財産項目)として、『現代用語の基礎知識』などをあげています。それに加えて社会が要請する常識として入社試験や公務員試験の常識問題集も上げています。 

 最低レベルだけでもかなりのものです。これをクリアする前に、高校までのカリキュラムがすべて消化されていなければなりません。

 一方、教養のマキシマムとはどんなものか。

教養のマキシマムを教えるとは、知の世界が遥か彼方まで広がっているその果てを想像できる地点まで学生を連れて行くということではないかと思います。地の果ての想像がつくというのはどういうことかというと、一つの表現としては、百科事典の記述の向こう側の広がりが想像できるということだと思います。



 曖昧な表現なのでこれ以上の引用はやめますが、要求が高いということだけはわかります。

 以上がおもに知識=エピステーメーの話題であったのに対して、技術=テクネーも必要だといいます。

 現代に必須のテクネーの代表は英語です。それに加えて「現代の教養としての4つの知的能力」があるといいます。

 1.論を立てる能力、2.計画を立てる能力、3.情報能力、4.発想力。

 計画を立てる能力については説明が必要です。それには、計画遂行能力、他人をオーガナイズする能力、チームを作る能力、チームを動かす能力が含まれます。

 さらに「現代のリテラシーとして身につけるべき実践的能力」もあげています。

 1.実践的言語能力(調べて書く能力、人を説得する能力、論争して勝てる能力、コミュニケーター能力)、2.情報を収集する能力、3.実践的プロジェクト遂行能力

 以上が、立花氏の考える教養です。

 かなり広い範囲の知識、技能が必要とされています。当然習得には時間がかかります。アメリカのように大学の4年間は教養教育のために使うべきだという主張はこうした教養に対する理想の高さと関連しています。

 問題は本当にここまでの教養教育が必要なのかどうかです。

 テクネーに関しては現在の日本の大学の欠陥を補い意味でいい提言だとは思うのですが、エピステーメーに関しては、ひとりの人間が習得するには幅が広すぎないでしょうか。その人の必要に応じた内容を効率よく選択できる方がいいというのが普通の考え方でしょう。何でもかんでも知っておくことにそれほどの価値があるのかどうか疑問です。

 そもそも立花氏が例としてあげるアメリカやフランスの大学でどの程度この理想が実現されているのでしょう。漠然とした紹介しかないのでよくわかりません。総花的な知識を理想とする考えについても古い哲学者を例にひくばかりです。もう少し説得的な材料を積み上げてくれればいいのですが、残念ながら本書を読んで、なるほどその通りだ、と賛同する人は少ないでしょう。

 ひとつの教養論としては面白いし、有用かと思いますが、実際に大学でこれを採用すべきかと言うとかなり疑問を感じざるをえません。

教養のためのブックガイド

教養のためのブックガイド
東大教師が新入生にすすめる本 (文春新書) 東大教師が新入生にすすめる本〈2〉 (文春新書) 必読書150 大学新入生に薦める101冊の本 知のモラル
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。