スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然災害で一瞬にして都市・文明が消えること

 過去において一瞬にして消えた古代文明や都市があったといいます。バビロン、ポンペイ、アトランティスなどは自然災害によりそれこそ一瞬にして消えたと言われています。

 今回のハイチの大地震の様子を見ていると、このようにして都市は消えるのか、という感慨にとらわれます。

 被害の甚大さ、統治の喪失、復興の難しさ。

 現代だからこそ外国からの援助がありますが、古代においては、たとえ生き残った人がいても再建はできず、やがて別の地へ移るか、そのまま居続けて滅びていったことでしょう。

 日本でもまた古代においては消えた文明、都市があったのでしょう。

 大きな災害にあっても復興できるこということは、それだけ国家の規模が大きく、国力があるということです。生き残った文明が大きな国を作りより災害に対して強い国を作り、文明を発達させます。

 しかし、ある程度大きくなった文明も、国同士がぶつかり、戦争となり、また文明が吸収されたり滅んだりします。

 生物種に淘汰があるように、文明や国家にも淘汰があることをいまさらのように感じます。
スポンサーサイト

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。