スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予測されていたハイチの地震

 ハイチの地震の被害は甚大ですね。NHKスペシャルの「MEGAQUAKE 巨大地震」を見た後だったので、ぴったりのタイミングに驚きましたが、どうやらこの地震は専門家が事前に警告していたようです。

ハイチの地震、専門家が事前に警告(2010年1月14日15時05分 読売新聞)

 この記事によれば、ハイチは「プレートが押し合う場所にある日本列島と同様、プレートの力によって断層が生まれやすく、地震の多発地帯」だそうです。

 それなのに被害が大きかったのは、過去の大地震が遠い昔のことだったからです。まさかこんなに大きな地震がくるとは思っていなかったでしょう。建物の壊れ方から見て耐震構造など一切考えていないようです。しかもハイチは貧しい国であり、政治的混乱がつづいています。おそらく政府は地震対策などなにもしていなかったのでしょう。

 この断層の付近では、1751年と70年を最後に、大きな地震は起きていなかったという。USGSの地震学者らは2008年、一帯の岩盤にひずみがたまっており、この力が一度に解放されれば最大でマグニチュード7・2の大地震が起きると警告していた。



 巨大地震はだいたいマグニチュード8以上を指すようです。今回のハイチの地震はマグニチュード7・2。大地震ではあっても巨大とは言わないかもしれませんが、脆弱な構造の建造物ばかりなので、被害も大きくなりました。

 300年ぶりの地震というのは、シアトルと同じです。このくらいの間隔で地震が起こっても、人々の記憶からは消えています。文化レベルが低ければまともな記録も残っていないのが普通でしょう。まったくの想定外の地震だったわけです。

 次に日本で起こる大地震、巨大地震に対して私たちはきちんとした対策をたてて、最小の被害で食い止められるでしょうか。阪神・淡路大震災の時はあまりに無力でした。あそこに大地震が来ることをほとんどの人が考えていませんでした。しかし、今度はそうであってはなりません。


 国は地域は地震の情報をもっと発信すべきでしょう。東海トラフにも南海トラフの大きなエネルギーが溜まっています。とりわけ三重県あたりの危険性は多くの人の想像を遥かに超えます。

 鳩山政権は温暖化よりもこちらに意識を向けた方がいいのではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。