スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『犬を飼う』 谷口ジロー 老いた犬を見とる家族の長い日々

犬を飼う (小学館文庫)
4094150013


 生き物を飼っていてつらいのは老いと死に直面することですが、このマンガに描かれているタムタムの場合、老いてから死ぬまでの期間の長いことに驚きます。一体いつになったら死ぬのだろうというほどの驚異的な生命力で粘ります。

 自力で歩けなくなってから10ヶ月。発作を起こして寝たきりになって2ヶ月。点滴だけで1ヶ月も生きています。その間、看病や苦労は並大抵ではなく、主人公夫妻はがん患者を抱える家族くらいのつらさを味わっています。しかし、その筆致は冷静です。愛犬が死にゆく様と自分たちの対応を客観的に描いています。とくに感動を強いることもなく、記録的に徹している印象すらあります。あるいは私が冷静に読んでいるだけなのかもしれませんが。

 犬を飼う時は、犬の老後についてはあまり考えないでしょうが、本書を一度読んでおくことは覚悟を決める上でプラスになるでしょう。安易に飼い始めて、こんなはずではなかったと思っても遅いですから。もっともこれほどの苦労はレアケースでしょうけど。うちで飼っていて犬は、よろよろ歩くようになってしばらくしてら、肺炎であっさり死んでしまいました。

 このマンガは谷口ジローさんの体験した実話だそうです。谷口さんはもう生き物は飼いたくないと思いながらも、次には猫を飼っています。あれほど動物が苦しむ姿を見た後に、よく懲りないな、と思いますが、子どものいない夫婦にとってはペットがいるといないではまるで違うのでしょう。

 タイトルは「犬を飼う」ですが、こちらは50ページほど、猫と飼う話のほうが数倍分量があります。購入する際は気をつけて。

 表題の『犬を飼う』は第三七回小学館漫画賞審査委員会特別賞受賞しています。

スポンサーサイト

テーマ : マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。