スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『まんがで読破 わが闘争』 ヒトラー 最も危険な扇動者の半生

わが闘争 (まんがで読破)
4781600115


 『わが闘争』を原作にしたマンガです。かなり簡略化されています。原作の厚さから比べると数十分の一くらいの簡略化じゃないでしょうか。

 描かれているのはヒトラーの子供時代からはじまって、ドイツの総統になるまでの半生記です。私が(比較的よく)知っているのはこの後のヒトラーですから、本書はちょうどいい補足となりました。

 やや荒いタッチで書かれた本書のヒトラーは狂気を宿した目をしていますが、同時に凄まじいほどのカリスマ性を発揮しています。かなり短いこのマンガでもその魅力の一端が伝わってきますから、まともにヒトラーを描いたら、おそらく一定数の心酔者を生み出してしまうでしょう。

 ヒトラーの伝記ってあまり見かけません。これほど歴史に影響を与えた人物ですから、読みやすく簡単なものから、深く長大なものまでいろいろな種類が出ていてもよさそうなものですが、どういうわけかほとんど見つかりません。

 その理由は「危険だから」でしょうね。

 実際にドイツ国民を心酔させ圧倒的な支持を受けたヒトラーです。今でもナチに関する制限の多いドイツにネオナチという極右の人たちがいるくらいですから、そうとうな感化力があるのでしょう。

 残念ながらというべきか、幸いにもというべきか、当時のドイツがおかれていた歴史的事情を知らず、民族間の敵愾心を知らない私たちには、ヒトラーの言葉に酔うことはできません。今ひとつ伝わらないところがあります。ですから、日本人にとってはおそらく危険度はかなり低いはずです。

 ドイツであればこんなマンガも発行できないのでしょうが、日本では読めます。しかし、手軽な伝記をあまり見かけないのはどういうことなのでしょう。自粛しているのでしょうか。それとも売れないと思われているのか。

 本書もヒトラーが総統になるまでですから、話はまだ半分。ある意味これからが本番です。ヒトラーに興味があれば、また別の本を読まなければなりませんが、ほどよい一冊が見つかりません。

 水木しげるがマンガでヒトラーを描いているようです。読んだことはありませんが、次に読むべき一冊はそのあたりになるかもしれません。


君主論 (まんがで読破) 資本論 (まんがで読破) 続・資本論 (まんがで読破) 共産党宣言 (まんがで読破) 死に至る病 (まんがで読破)
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。