スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『戦国時代の大誤解』 鈴木眞哉  信長は桶狭間で奇襲攻撃はしていない

戦国時代の大誤解 (PHP新書)
4569659403


 在野の研究者、鈴木眞哉氏による歴史の意外な事実集。

 軽く読めて、「へえ、そうなんだ」と思える情報が満載。ライトな歴史好きに最適の一冊です。

 在野の研究者という立場のためか、歴史学会の常識にこだわらず、歴史学の重鎮には気を使わず、疑問に思ったことを気楽に表明し、新発見をどんどん披露するのは、一般歴史ファンにはありがたいことです。

 歴史というのは従来の歴史観の上にただ新事実が付け加わるだけでなく、それまでの常識がくつがえる面白さというのもあります。本書の楽しさはその常識がくつがえるところにあります。

 また、歴史の研究書はほとんど読まず、小説、ドラマ、映画から知識に頼っている人は創作された歴史を当たり前のように思っていますが、本書は歴史書に書かれたことと講談本などの影響で作られた歴史の違いを指摘しているので、目からうろこが落ちる体験もできるかもしれません。

 ただ、多くの事例を取り上げたため、個々の事例の記述が短く、きちんと検証を書いていないため、あまりにライトな仕上がりになっています。本気度の高い歴史ファンからは低い評価を受けそうです。実際、アマゾンの評価では散々のようです。

 私もケチをつけておきましょう。ある個所では『甲陽軍艦』を信頼できない資料としておきながら、別の個所では同じ資料を根拠に語っています。このような都合のよい資料の使い方は信頼性をそこないます。

 そんなこともあって、あくまでのライトファン向けです。気楽な読み物として接するのがいいようです。

 私が面白いと感じたところをいくつか紹介しましょう。

 今川義元を織田信長が打ち取った桶狭間の戦い。『信長公記』には、今川義元は上洛をしようと侵攻していたとは書かれていないそうです。普通の地域紛争のひとつではないかと著者はいいます。信長が奇襲したというのも怪しい。正攻法で戦ったと『信長公記』にはあるそうです。

 本能寺の変での明智光秀のセリフ「敵は本能寺にあり」。これを記した信頼できる資料はないそうです。多数の兵を前にして突然言うなんて、状況にもあっていないし、いかにも芝居っぽいセリフですから、私もリアリティは感じていませんでした。

 そして同じく本能寺での信長のセリフ「是非に及ばず」。こちらは解釈の問題への疑義を表明しています。従来は信長が死を覚悟していったのだとの解釈が多いようですが、実際はこのあと信長は応戦への指示を出し、自らも戦っているのだから、「つべこべ言わずに戦え」という意味だと指摘しています。これは大いに同意します。部下の誰かが光秀への非難の言葉を述べたり、あれこれ推測をしたりしたのかもしれません。そこで信長が「この場でいい悪いを言ってもしょうがない。まずは戦え」という意味のことをいったのでしょう。

同じ著者の『刀と首取り』は面白いです。
戦国武将・人気のウラ事情 (PHP新書) 戦国史の怪しい人たち―天下人から忍者まで (平凡社新書) 刀と首取り―戦国合戦異説 (平凡社新書) 戦国15大合戦の真相―武将たちはどう戦ったか (平凡社新書) 軍需物資から見た戦国合戦 (新書y)
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。