スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球温暖化でデータ捏造が発覚

 IPCCの科学者のメールがハッカーにより持ち出され公開されました。内容はなんと地球温暖化のデータを捏造したというものです。

 地球温暖化そのものが嘘であるなら、その原因がCO2かどうかなどはどうでもいい話となって、CO2削減をめぐる議論が根底から覆ることになります。


IPCCの「データ捏造」疑惑

これはホッケースティック曲線として知られる、20世紀になって急速に地表の平均気温が上がったとするデータについての議論である。文中のMikeとは、ホッケースティックのデータを発表したMichael Mannのことで、「80年代以降の気温上昇を過大に見せ、60年代からの下降を隠す」工作を行なったことをのべている。ホッケースティックのデータが捏造されたのではないかという疑惑については、全米科学アカデミーが調査し、IPCCの第4次評価報告書からは削除された。このEメールは、捏造疑惑を裏づけるものといえよう。

池田信夫blog&BLOGOS


 地球温暖化の研究およびその対策には多くの予算が組まれ、税金がつぎ込まれています。それも世界的な規模で行われていています。それが嘘であったとなれば、いったいどうなってしまうのでしょうか。すでに世界は地球温暖化対策という方向に動き出しています。どうやって止めるのでしょう。

 日本もCO2・25%削減なんて目標を立てています。本当のところはどうなのか今一度実態の調査をした方がいいんじゃないでしょうか。

 ただ、石油などの化石燃料に限りがあるのは事実です。太陽光発電にシフトする政策の方向性そのものは間違ってはいませんが、その進め方は大きく変えざるを得ないでしょう。

 それにしてもなんでこのニュース、日本では話題になっていないのでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 環境問題・地球温暖化
ジャンル : ライフ

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。