スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 『ムーラン・ルージュ』 愛という名のエゴイズム

ムーラン・ルージュ [DVD]
B001EI5M50



 ニコール・キッドマン、ユアン・マクレガー主演のミュージカル映画です。

 娼婦でキャバレーのショーガールであるサティーン(ニコール・キッドマン)に貧乏な作家であるクリスチャン(ユアン・マクレガー)が恋をするという話。

 「この世で一番幸福なのは、愛し愛されること」なんてセリフを繰り返し、オーバーな感情表現に満ちたファンタジーを展開しますが、徹底的にだまされてコケにされるウースター公爵(リチャード・ロクスバーグ)がかわいそう過ぎます。

 だまされ、金を取られ、傷つけられ。クリスチャンを殺したくなるのも当然でしょう。

 最後は主人公サティーンを死なせることでケリをつけましたが、彼女はある意味悪役ですから、こうでもしないとバランスが取れません。

 これがもしサティーンとクリスチャンが結ばれるハッピーエンドなら、エゴイズムの勝利となってしまうところでした。なにしろこの映画は控えめにいっても、愛の映画というよりも愛という名のエゴイズム映画ですから。

 こういう安っぽいお涙頂戴的エンディングを好きな人も多いでしょう。美しい音楽とオーバーな演技で盛り上げ、感動させる要素はいろいろ詰め込まれています。しかし、私はストーリー的に納得できない印象を持ち続けました。

 映像はこってます。演出はしゃれているというよりもふざけていて、やりすぎ感がありますが、世紀末のパリのキャバレーという設定にはあっています。

 音楽は時代設定を完全に無視して、"Your Song"、 "Like a Virgin"、 "Roxanne"なんて曲を使っています。めまぐるしい曲の展開や新しいアレンジに面白さも感じますが、違和感もあります。

 でも、やりきった感はあります。挑戦的なミュージカル映画です。新しい映像体験や不思議な雰囲気に満ちています。そういう点では、ああ、よくやったよね、とほめたくなりました。

 それとユアン・マクレガーの歌がよかったこと。しばしば引き込まれました。これはマクレガーを楽しむ映画かもしれません。キッドマンも色っぽいけど、やはりマクレガーがよかったです。


シカゴ [DVD] ウエスト・サイド物語 [DVD] ムーラン・ルージュ プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD] ロミオ&ジュリエット [DVD]
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。