スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求める生活水準は自分基準

 では、この大量消費社会である現代日本においてはどの程度の生活水準で足るを知ればいいのでしょうか。

 知足あるいは少欲知足と聞くと、とてつもなく貧しい生活をしなければいけないような印象を持つかもしれませんが、そうではありません。私は清貧のすすめをするつもりはありません。おすすめするのはせいぜい「ちょい貧」あたりです。

 さきほどの「収入≧支出」という式を思い出してください。たんに収入に見合った生活をすればいいのであって、どの程度まで生活レベルを落としなさいという具体的な目標があるわけではありません。

 労働時間を減らして収入が減ったのなら、それに見合った支出で暮らせばいい。そこに「知足」という考えを持ち込もうというのです。サラリーマン世帯の平均収入がいくらだから、自分もいくら欲しいなどと、外部に基準を設けるのではなく、自分の生活が成り立つなら、それでいいと考えます。

 収入が減り生活水準が落ちたとしても、それによってただちに不幸になるわけではないことは、ダウンシフターやスローライフの実践者が証言しています。親しい人たちとの交流、趣味の充実、閑適による心身のゆとり、知足による心の平安など別の豊かさを手に入れることができます。

 このことは「適応」の理論によっても説明できます。収入が減ったことで一時的に不幸に感じることがあっても、すぐにその状態に慣れてしまいます。収入がばかりではありません。事故や病気にあった人でも中長期的には幸福度は落ちることはありません。幸福感はそうしたことからは影響を受けにくいのです。

 低い収入、所有物の少なさ、生活の不便さなどに人間が不幸を感じるのは他人と比較するからです。他人と比べて収入が少ないから、家が小さいから、持ち物が少ないから、貯金が少ないから、不幸であると考える他人規準の思考にこそ不幸の原因があります。

 意識を向ける先を変えてください。別のことに喜びを見いだしてください。自由であること、自分が自分をコントロールできること、好きなことができること、リラックスして生きること、などに喜びを見いだせば、所有の競争に参加しなくてもすみます。

 つきあう階層やグループを変更することも効果的です。ダウンシフターはダウンシフターと、スローライフ実践者はスローライフ実践者と、B級遊民はB級遊民とつきあえば、比較に苦しむことは減ります。あなたが劣っているとか負けているとか評価されることはなくなります。

 もちろん人間の生存に必要なだけの収入は必要です。衣食住の不足するようではつらすぎるでしょう。これに欠けることがあればそれは不幸な生活といえます(それも人によるでしょうけど)。あまりにひもじい生活では閑適に憩うこともできないでしょう。

 日本国憲法第25条には「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とあります。これでは具体的なことはわかりませんが、ただ生存するだけではなく、やはり健康でありたいし、そこそこ文化的でもありたいでしょう。

 最低限の衣食住は満たしたいし、電気、水道、ガス、電話のある生活はしたいものです。テレビを見たり、音楽を聴いたりもしたい。本も読みたい。ある程度の便利さと精神的な飢えを満たすための消費もあってしかるべきでしょう。こうした消費の増加はそれなりに幸福を増進します。

 しかし、基本的にはそこまででいいのではないでしょうか。その程度のことで足るを知ればそれほどお金はかかりません。

 昔の人はこれよりはるかに低いレベルで生活していました。ガス、電気、水道なんて完備していません。テレビもステレオもありません。パソコンもエアコンもありません。もちろん自家用車もありません。それが当たり前でした。それに比べて現代人の生活レベルははるかに高いところにあります。

 だから何もない昔の生活レベルまでさげるべきだとは思いません。現在の日本で生活するのですから、知足といってもそこそこの生活水準は求めてもよいでしょう。しかし、求めるのはそこそこの水準です。

 ギリシャ語にアウタルケイアという言葉があります。自己充足と訳されます。意味は「いたずらに多きを求めず、また僅かなことをよしとするのでもなく、程々にて自ら足れりとすること」(岩崎允胤『ヘレニズム ローマ期の哲学』)です。

 B級遊民はなにも清貧を美徳とする思想ではありません。ほどよく満足できれば、それ以上は望まずにあとは好きなことをするだけです。知足とは主観的なものです。自分がよしとすればよいのです。

 このレベルの生活をしましょうと具体的な目標の生活レベルを決める必要はありません。人間は慣れる生き物です。低い生活レベルなら低いレベルなりに「これで十分じゃないか」という気持ちで暮らすことが大切です。そう思えるかどうかでB級遊民に安らげるかどうかが決ってきます。

ヘレニズム・ローマ期の哲学―西洋古代哲学史〈2〉 (西洋古代哲学史 (2))

ヘレニズムの思想家 (講談社学術文庫)
岩崎 允胤
4061598368


スポンサーサイト

テーマ : ロハス&エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。