スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 『クライマーズ・ハイ』

クライマーズ・ハイ [DVD]
B002MTS3VU


 御巣鷹山の日航機事故を取材する架空の新聞社、北関東新聞を舞台に展開する(ほぼ)男たちのドラマです。

 それにしても、なんという殺伐とした職場。ギスギスした人間関係。いつ殴り合いが始まってもおかしくない雰囲気。これだけ高ストレスの職場にいたら、普通の人は1週間と持たないのでしょう。見ているだけで胃が痛くなりそうです。

 でも、実際の新聞社がこれほどキツイとは思えません。日経新聞社に仕事の打ち合わせで行ったときは、もっと普通の職場でした。もっともそのとき、大きな事件があったわけでもなく、私は生活欄の担当者と会ったので、のんびりしていたのかもしれませんが。

 ともかくこの職場の雰囲気に圧倒されますが、事件が事件だけに取材記者はもうボロボロ。スーツ姿で山を登り降り、連絡手段がなくて、電話を探しまくる。

 キャップの堺雅人のヨレヨレぶりが見物です。山に登ったもう一人は現場の惨状にショックを受けて発狂してしまうし。

 主役は、日航機事故担当全権デスクとなる悠木和雄。演じるのは堤真一。彼が部下や上司との葛藤の中で仕事を進める姿がストーリーのメインとなります。

 悠木のプライベートもからめてストーリーは進みますが、プライベート部分は丁寧に描かれていないし、詳細もよくわかりません。中途半端ですね。

 悠木とやりあう部長、次長クラスの人たちの濃さといったらありません。絶対に付き合いたくないタイプの人たちばかりです。 
 
 そのほか、社長、販売部長ともう最悪の人間たちがこれでもかこれでもかと登場します。

 ほとんどいやがらせですよ、これは。

 しかし、所詮は他人事、どんなに最悪の職場でも、私には関係なし。映画として面白いです。

 残念なのは、なんで「クライマーズハイ」なのか、ということ。なんで山登りが重要そうな背景となっていて、このタイトルをつけたのか。よくわかりません。仕事もきついとハイになるということでしょうか。

 過労で死んだ安西(高嶋政宏)の存在も原作ではきっともっと意味があったのだろうと思います…。

 ちなみに、NHKのドラマでも「クライマーズ・ハイ」をやっていました。こちらは佐藤浩市が主演。ハゲタカの大森南朋も出ていました。amazonではNHKドラマ版の方が評価が高いです。

 ちょっとネタばれになるかもしれませんが、この映画はアンチクライマックスです。一番盛り上がって感動するはずの場面で、ずっこけます。歓喜のラストを期待してはいけません。

 これがハリウッド映画なら、間違いなく「スクープ取ったどー、やったぜ悠木ちゃん」となります。原作を捻じ曲げてもやります。それをやらない日本映画はやっぱり世界のマイナー。よく言えば、原作を大切にする良心的な作り。でも映画的にはこれでよかったのでしょうか、疑問です。

↓テレビ版もいいです。
クライマーズ・ハイ [DVD]
横山秀夫

クライマーズ・ハイ [DVD]
クライマーズ・ハイ デラックス・コレクターズ・エディション [DVD] チルドレン [DVD] キャッチボール屋 [DVD] ハゲタカ DVD-BOX クライマーズ・ハイ [DVD]
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クライマーズ・ハイ 横山秀夫

1985年、御巣鷹山に未曾有の航空機事故発生。 地元紙の遊軍記者、悠木和雅が全権デスクに任命される。 一方、共に登る予定だった同僚は...
プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。