スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 『ツォツィ』

ツォツィ プレミアム・エディション(2枚組) [DVD]
B000TILW8C


 2006年アカデミー賞外国語映画賞受賞した英・南アフリカの合作。

 最悪の都市・ヨハネスブルグに育った不良少年に訪れる魂の再生物語です。

 主人公のツォツィ(不良、チンピラの意味)は、貧困街で育ったギャング。自動車強盗した車に乗っていた赤ん坊をつれて家に帰ることで、人生が大きく変わります。

 ツォツィは、この赤ん坊に自分を重ねてみています。近所の若い女ミリアムを銃で脅して赤ん坊に乳を飲ませるとき、ツォツィはまるで自分が母親から乳を飲まされているような感情を抱きます。

 エイズで死に掛けた母親、感染するから近づくなといわれていました。無慈悲で飲んだくれの父親はツォツィの犬を痛めつける。涙を流し、たまらずに家を飛び出したツォツィ。土管の中で暮らすホームレスの子どもとなりました。

 自分が愛された記憶がなかったのかもしれません。いや、母親が発病する前にはわずかにあったかもしれませんが、心の底に眠っていたのでしょう。

 ミリアムが赤ん坊をいたわり、愛情を向ける姿を見て、ツォツィはまるで自分が愛を受けたかのように癒されていきます。

 ミリアムが赤ん坊に向かって「名前は何なの?」と聞いたとき、ツォツィは「デビット」と答えます。「赤ん坊の名前はデビットだ」。それは誰にも明かさなかったツォツィの本名です。このとき、観客はツォツィがなぜ赤ん坊を連れ帰ったかに気づきます。

 自分の中にある人間的感情が蘇ることで、ツォツィは変わります。

 この映画の真のストーリーは直接的には描かれていません。観客のイマジネーションにゆだねられています。意味のわからない人はまったくわからないかもしれません。

 この映画は貧困の背景にあったアパルトヘイト(過去ではありますが)や黒人間にも発生した経済格差問題にはあまりふれていません。ただ金持ちと貧乏人がいることだけが提示されています。もう少し社会背景に踏み込めばさらにいい映画になったでしょう。

 作品中、先生とあだ名されている年上の男、「品位(decency)」という言葉を盛んに繰り返します。彼は「品位とは尊敬だ。自分自身に対する」と説明します。

 愛情を受けることがなければ、自分への尊敬も生まれません。愛された記憶の不足しているツォツィは品位を求められても、それは無理なことでした。彼は魂の癒しを受けることでやっと変わることができたのです。

 そして、最後には罪を償う決心もついたのかもしれません。ラストシーンはそのことを暗示しています。


ルワンダの涙 [DVD] ツォツィ ラストキング・オブ・スコットランド [DVD] マンデラの名もなき看守 [DVD] イン・マイ・カントリー [DVD]
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。