スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD 『ベスト』 ジュリー・ロンドン

ベスト
ジュリー・ロンドン
B00005USKZ


 ジュリー・ロンドンの声はいい。ハスキーで色気がある。それでいて心に染み入るような声質を持っています。歌い方も素晴らしい。それなりに情はあるけれど、けっしてべとつかない。へんなビブラートをつけたりしないので、ロングトーンもきれいに伸びます。しかも美人。

 このベスト盤はスタンダードの名曲ぞろい。どこに文句をつけるべきか。

 これをジャズ入門として聞くこともできるし、たんなるアメリカのスタンダード曲集として聞いてもいい。いずれにせよ極上のジュリー・ロンドンの世界に浸れます。

 私は「想い出のサンフランシスコ」が一番好きです。トニー・ベレットと同じアレンジでゆったりしています。スローな曲はむずかしいのですが、彼女の間合いの取り方は最高です。声そのものの魅力も遺憾なく発揮されています。歌唱力も抜群であることがよくわかります。

 リンク先のamazonで試聴できます。この短い試聴でも彼女の魅力は伝わるはずです。

 彼女はなんどもベスト盤が企画されていて、だいたい内容はかぶっています。私はツイン・ベストという2枚組みを聞いていますが、似たような曲目が並んでいます。どちらも名曲ぞろいなので間違いなしです。

 amazonで調べたら、アメリカ盤のみですが、デジタルリマスター盤もでていて、50曲も入っていて価格も安いです。できたらこちらの方がお得です。どんな音に生まれ変わったのか、機会があれば聞きたいですね。

 デビューアルバムの『彼女の名はジュリー』は最初は手を出さないほうがいいです。バックがギターとベースのみと地味。曲が地味でしかも似たような曲調の曲が並んでいて、すぐに飽きます。ジャズ入門みたいな本にはこのアルバムを紹介したものがありますが、最初はポピュラーな曲から入ったほうが無難です。

↓リマスター輸入盤。50曲入りで安いので、できればこちらを。
The Very Best of Julie London
Julie London


スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。