スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わりのない競争

 日本は、物質的な豊かさと幸福度との間にもはや関連がなくなっている時代に突入しています。それにもかかわらず私たちは相変わらずより多くの所得を求め続けています。それはなぜでしょうか。

 ひとつの理由は、競争心です。人間には、他人との比較によって満足感を得ようとする傾向があるからです。

 Science日本版にドイツの研究チームによる研究の記事が出ていました。「最近の神経科学的な研究によると、人間は報酬をどれだけ手に入れたかという絶対的な量よりも、相対的に他人よりどれだけ多いのかを重視することがわかった」そうです。

 私たちは意識的無意識的にかかわらずある階層やグループ(会社の同僚など)と自分とを比較しています。その対象となるグループを準拠集団といいます。その準拠集団の中に残りたい、下には落ちたくないと思っています。一方で、その準拠集団の中でより上位にいきたい、できれば上の階層にあがりたいと思っています。

 そのため、少しずつでも収入を増やそうとしますし、物資的に豊かな生活を実現しようとするのです。そうした努力の集積として、結果的には、全体が少しずつ上昇することになります。

 森の植物が太陽の光を得るために上へ上へと伸びていくのと似ています。背の高い樹木は他の樹木よりもいい条件で光を得ようと進化しました。みんなが背の低い木であればそんなに大きくなる必要はないのですが、まわりがみんな大きくなるので、自分も負けるわけにはいかないのです。

 他人に勝ちたくて、人は競争をします。その結果、社会が豊かになり、みんなが豊かになれれば、それでいいという考えも確かにあります。しかし、先ほど見たように、ある程度豊かになってしまえば、あとはいくら所得が上昇しても幸福度があがるわけではありません。

 そして、この競争には終わりがありません。やがて競争の参加者は疲れてしまいます。うつ病が増え、薬物による依存症が増えているのは、競争の激化のせいです。これは命をすり減らす戦いです。赤い女王の国にいる限り、薬を使っても競争に参加しなければなりません。

豊かさとは何か (岩波新書)窒息するオフィス 仕事に強迫されるアメリカ人

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアルライフな生き方
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。