スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『「採用したい!」と言わせる技術(人事のプロが教える面接力)』 梅森浩一

「採用したい!」と言わせる技術
4479791493


 大学の新卒者のための就職面接本です。このブログに来る人にはおよそ縁のないテーマです。

 私は大学でプレゼンテーションの講義を担当してまして、その役に立つのではないかと思い、読んでみました。就職での面接も自分自身を企業に売り込むというプレゼンテーションですから。

 結論をいうと、そんなに素晴らしいことは書いてありません。amazonでの評価は高いようですが、あまり期待はしませんように。

 本書のアドバイスではエピソードを語れと書いていますが、これは以前から私の講義の中でも言っています。むしろ常識といった気がします。

 企業の求める人材像としてこんなことも。

あなたには「誠実」で「情熱」が備わった、「努力家」で「健康」かつ、いつも「前向き」で「積極的」な人間であって欲しい……。


 それはそれでいいんですが、今は経済産業省が社会人基礎力という名前で求められる人材像を定義していて、それなりに研究もされています。ウェブでも読めますので、そちらを読んだほうがよほど参考になります。本書はちょっとばかり古いのでしょう。最新の就職本ならば、触れていると思います。(意外と知られていないとか?)

 さらに言えば、社会人基礎力はみんなに求められていることですから、これだけでは個性は出せません。これにプラスしてコンピテンシー(仕事に役立つ行動特性)について分析し把握しておく必要があるでしょう。

 本書ではコンピテンシーについてなにも触れていません。

 私にはいい意味でも悪い意味でも小手先の面接技術書にしか見えませんでした。

 しかし、逆にいえば、社会人基礎について知っていて、コンピテンシーも自分なりに分析しているならば、その補完として本書を読むことは利益になります。

 おそらく小手先の技術は実際も面接では重要で、それほどの慧眼を備えている人が面接担当者であるわけはないし、そもそも人間は相手の行動からいくつかのシグナルを読み取って、勝手に人物像を作りあげてしまうものです。そこをうまくコントロールできれば、いい印象を与えることができるはずです。

 本書だけでは物足りないでしょうが、読んでおいたら役立つことも書いてあります。


面接力 (文春新書) 内定の原則―就職活動で成功する人だけが持つたった一つの原則がここにある 面接官の本音2009 就活の王道 MBA式 面接プレゼン術
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。