スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『若者のための政治マニュアル』 山口二郎

若者のための政治マニュアル (講談社現代新書)
4062879697


 政治に関する一般論を語るのではなく、政治はどんな価値観で行われるべきかを表明している点で本書は立場がはっきりしています。

 まず、政治の目的は生命の尊重だと山口氏はいいます。そして、人間を襲う様々な不幸や災厄、これらのリスクをみんなの力で助けるのが政治である、と。

 こういう考えに従えば、アメリカ的な自己責任論を強調する国家よりは、共同体的指向の強いヨーロッパ的な国家の方がより理想に近いことになります。

 今回の選挙で言えば、自民党より民主党です。本書を読むと民主党支持に傾くかもしれません。山口氏本人も民主党支持のようです。

 自民党に対して民主党が対立軸として存在感を大きく主張できたのはなぜなのか、そしてなぜ自民党が負けたのか、その大きな流れもうまくまとめていると思いました。

 かつての高度成長期において日本の社会保障は徐々に充実をしてきました。労働者の賃金は増え、生活は豊かになりました。この時代は、自民党で十分だったのです。社会主義を望む必要などありません。

 ところがグローバル化により状況は変わりました。強いものがより強く、そして小泉改革により、社会保障は削られる方向に進みました。

 強者に有利な政策、弱者に自己責任を要求する政策は、もうこりごりだと多くの人が思い始めたところに、民主党が弱者の生活を守る政策を掲げて自分の存在をアピールするようになります。今さら社会主義でもないのですが、民主党の主張は資本主義の枠内でほどよく生活者重視であったわけです。

 山口氏はかねてから、平等と再分配を重視するようにと民主党に提言してきた人なので、今回の選挙は望みどおりの結果となったようです。

 思えば小泉純一郎の郵政選挙は奇妙なものでした。改革によりみんなの生活がよくなるような幻想を与えたけれど、その実態は一部の強者に利益をもたらす政策に別の売り文句をつけただけのまやかしでした。そんなものにみんなコロリと騙されてしまいました。私もね。

 本書によれば、政治家は本心を隠す、のです。その言葉とは裏腹に誰に利益を誘導しようとしているのかをよく見なければなりません。

 スローガンとムードに煽られるとバカを見ます。よくよくその内実を見ないといけません。そのためにもマスコミにはもう少しまともになってほしいですね。

 今回の民主党大勝利が本当に皆が期待している内実を持っているのかどうか。これはよくわかりません。

 政治というのは、様々な利害と価値観の衝突の場であり調整の場です。しかも政治家(そして官僚)は本心をそのまま語らずに、表向きには別の理由をつけて自分の利益を実現させようとします。

 たとえば民主党は官僚主導を終わらせるといっていますが、一方で自治労と日教組への配慮は忘れないはずです。税金の無駄遣いをやめるというなら、高すぎる公務員の人件費の大幅削減をやってもいいはずです。これだって税金の無駄遣いだと思うのですけど、民主党は決してそんなことは言わないし、給与の削減はやらないでしょう。(人件費の総額を削減と言っていますが、これは給与減とは別の話)

 本当は誰の利害を代表しているのか、よく見えないのが政治です。

 本書にはこんな例が出てきます。

 自民党による規制緩和で大量にタクシー会社が増えて、タクシー運転手の給料が大幅さに下がったことがあります。このとき誰が得をしたのか。タクシー車両が大量に増えて、レンタルをしていたオリックスが儲かったのです。

 かんぽの宿のときも出てきましたね。オリックス。政府の総合規制改革会議の議長がオリックスの宮内会長でした。

 竹中平蔵は人材派遣「パソナグループ」の取締会長に就任。

 ほんと、政治家は誰の利益を代表しているのかその時点ではなかなかわかりにくいのです。これが政治のわかりにくさでもありますね。

 最後のほうで山口氏は実践についても語っています。

 自分の利益や権利はちゃんと主張しましょうと山口氏はいいます。そのためには、世論を喚起し、政治家にアプローチし、影響力を与えなくてはならない、と。そして、時には裁判を起こせ、と。

 次はこの実践部分の本でも読んでみようかと思います。

政権交代論 (岩波新書) 戦後政治の崩壊―デモクラシーはどこへゆくか (岩波新書) 格差社会と教育改革 (岩波ブックレット) 政治のしくみがわかる本 (岩波ジュニア新書) 貧困報道―新自由主義の実像をあばく (メディア総研ブックレット)
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。