スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハゲタカ 上下』 真山仁

ハゲタカ(上) (講談社文庫)
真山 仁
4062753529

ハゲタカ(下) (講談社文庫)
真山 仁
4062753537


 小説『ハゲタカ』と続編『ハゲタカII』(旧題バイアウト)がNHKの連続ドラマ『ハゲタカ』の原作となっています。テレビドラマはなかなか面白かったし、最近経済に興味を持っているし、amazonでのこの小説の評判もかなりよかったので読んでみました。

 内容は、バブルの後遺症に苦しむ日本において企業再生を主な仕事とする外資のファンド、いわゆるハゲタカファンドが日本企業を買収するという話です。その点ではテレビドラマと同じですが、人間関係の設定はだいぶ違います。

 鷲津と芝野が過去に上司と部下であったという設定はありません。そのかわり、鷲津の過去が意外な設定となっています(ネタバレになるので書けません)。また、リン、飯島という人物が大きな役割を得ています。テレビドラマでは準主役級だった女性の新聞記者は出てきません。
 
 取り上げられる買収劇も一つを除いて違います。テレビドラマの方は続編から多く取っているのかもしれません。

 ここまで違うともう別の話といっていいくらいです。ドラマとの違いをむしろ楽しんだほうがいいでしょう。

 幸い、小説としてなかなか面白く書かれています。ハゲタカや買収劇の内情をしっかり描いていること、飽きさせないストーリーも評価できます。

 小説を読みながら、バブルの崩壊で生じた不良債権処理になぜ時間がかかってしまったのか、負債を抱えた企業を再生するにはどんなやり方があるのかを勉強できるので、一石二鳥。お得感があります。

 残念なのは人物がやや薄っぺらいこと。登場人物の言動が安っぽいドラマのような印象を与えることがしばしばあることです。とりわけ鷲津とリンのやり取りには辟易とします。人間が描けるようになったら、この作家はそうとうな魅力を持つでしょう。

 とはいえ、それを補ってあまりある魅力があります。全体としては高い評価を与えたい作品です。

 ↓ドラマも秀逸です。

ハゲタカ DVD-BOX

ハゲタカ DVD-BOX
ハゲタカ オリジナルサウンドトラック 監査法人 DVD-BOX クライマーズ・ハイ [DVD] キャッチボール屋 [DVD] ヴァイブレータ スペシャル・エディション [DVD]
by G-Tools
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。