スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『誰のための会社にするか』 ロナルド・ドーア

誰のための会社にするか (岩波新書)
Ronald Dore
4004310253


 会社は誰のものなのか。株主か従業員を中心とするステークホルダー(利害関係者)か。

 ドーアの主張は、会社は誰のものか、ではなく、会社は誰のものにすればいいのかという選択の問題だということです。もちろんドーアはステークホルダーのものであるべきだといいます。

 以下、ドーア自身による本書の要約です。

 (一) 価値の問題だが、基本的立場として、経営者が株主利益の最大化を使命とする「株主所有物企業」より、経営者がすべてのステークホルダーに対して責任を持つ 「ステークホルダー企業」 の方が、企業内の人間関係の観点からも、その社会的効果(商取引の質、相互信用の度合い、所得分布など)の観点からも、好ましい。
 (二) 日本の「準共同体的企業」はステークホルダー企業の一種だったが、第二章(三二ページ)の記述のように、また、最近の不正隠蔽への組合の協力の例も示すように、他のステークホルダーに比べて従業員を優先する性格が多少、度が過ぎて強かった。
 (三) 過去一五年間において、日本の企業制度を「株主所有物企業」のモデルに近づけようとする法律が相次いで制定され、経営者による自主的な組織改編もかなり行われてきた。
 (四) 以上の制度変革の原動力は、経済効率・経済環境変革への対応、不正対策、透明性確保など従来の制度の欠陥を是正するという、改革を推進する政府や経営陣が明示的に標傍する動機にあったというよりも、むしろ、国民心理、階級構造の変遷、外資系投資家の到来などの方に説明を求めなければならない。
 (五) 「株主革命」とさえ言える経営姿勢の大きな変化が起こったのは、その法律や組織の変革というよりも、むしろ経営者の目標の中で「株価維持」が以前には考えられなかったくらいの優先順位となったためである。
 (六) それを説明するのは、外資系投資家の影響、イデオロギーの変化、敵対的買収の現実性など、諸要因の複合体である。
 (七) 最近、「株主所有物企業」 への接近が行き過ぎたのではないかという反省の声をよく聞くようになった。「ステークホルダー」という言葉は財界人の演説によく出るようになった。


 つまり、外的環境の変化と国策により日本的経営からアメリカ的経営に傾きけたことは行きすぎであった。そういう反省に現在はあるということです。

 ではアメリカナイズされたコーポレートガバナンスを再び日本的経営に戻すには、どうすればいいか。それを最終章で述べています。

 それは大きく分けて3つ。マネーゲームとしての企業買収に対応する仕組み作り。社外重役や内部告発、従業員の経営参加などのインサイダー経営者への規制と仕組みづくり。そして付加価値計算書の作成です。

 ステークホルダーのうち、少なくとも、付加価値計算書とは、株主、従業員、債権者、および国家への還元を同時に比較できる、付加価値配分決算の開示を義務付けることである。
(略)
 これらは、株主や銀行の資本と社員の労働の相乗効果を持っている性格を象徴するような計算であり、企業が、役員、管理職、平社員といった人間の総体であるという意識を強める手段として、ステークホルダー企業にとって相応しい会計の出し方である。


 これにより企業はステークホルダーのものであるという意識が強まります。企業をある方向へ向けてガバナンスするには、やはり企業をどう捉えるかという意識がとても重要です。

 本書は専門的な話題を扱っていますが、経営用語を多少知っていれば、読みにくい本ではありません。会社はどうあるべきかという問題意識を持っていて、なぜ最近日本の会社は変わってしまったのだろうと思っているのなら、一度読んでみる価値はあります。


働くということ - グローバル化と労働の新しい意味 (中公新書) 日本型資本主義と市場主義の衝突―日・独対アングロサクソン 会社はだれのものか 株式会社に社会的責任はあるか 会社は誰のものか (新潮新書)
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。