スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学的に見た閑適の効用

 現代の科学は閑適の思想をどう考えるでしょう。はたして支持してくれるでしょうか。

 長時間の労働や緊張がストレスを生み、病気の原因になることはよく知られています。カナダの生理学者、ハンス・セリエが1936年にイギリスの『ネイチャー』誌に「各種の有害要因によって引き起こされる症候群」という論文を発表します。これが「ストレス学説」が世に知られる最初となりました。 ストレスがかかると、体にある一連の症候群が起こるとセリエは主張しました。

 今ではストレスが、うつ病、胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、虚血性心疾患、自律神経失調症など多数の病気を引き起こすことがわかっています。

 ストレスの原因をストレッサーといいます。暑さ、寒さ、騒音、化学物質、地震などの天災は物理化学的ストレッサー。病気、怪我、疲労、睡眠不足、細菌、ウイルス、寄生虫などが生物学的ストレッサー。人間関係、精神的な苦痛、職場環境、学校環境、結婚、育児、離婚、昇進、失恋などは社会的精神的ストレッサーと分類できます。

 現代日本の労働現場でとくに問題になるのは、疲労、睡眠不足、人間関係、精神的な苦痛、職場環境などでしょう。

 そしてこれらのストレスに対する一番の薬は休息でありリラックスです。ゆったりした気持ちで毎日を過ごすことができれば、ストレスが原因の病気にはなりません。つまり閑適こそが妙薬なのです。

 驚くべきことに、人間にはもともと活動量が決まっていて、それを使い切ったら終わりだという説もあります。

 「どんな生物でも(人間もむろんです)エネルギーでバンパンに膨らんだパックパックを背負って生まれてきます。この生命力は体重1gあたりのカロリーによって決まります。エネルギーをつかい果たせば、命が尽きます。」(『なまけることの幸せ』

 この説にしたがえば、私たちが働けば働くほど、命はすり減ります。人々に働く美徳を教える勤勉主義、労働至上主義は恐るべき死の思想です。かつて左とん平は「人生はすり鉢だ、俺たちはすりこぎだ」と労働者の悲哀を歌いました。(『とん平のヘイ・ユウ・ブルース』)どうやらあれは真実だったようです。

 私たちが長生きするには、物質代謝を押さえなければなりません。「物質代謝をおさえてエネルギーを節約する行動は、のんびりと、どんな状況にも冷静であることです。チャンスがあれば、なまけることやブラブラすること」です。

 ダウンシフターやスローライフは活動過剰の現代の生活に身の危険を感じた人類が示す生物的な防衛反応なのかもしれません。

なまけることの幸せとん平のヘイ・ユウ・ブルースストレス解消



スポンサーサイト

テーマ : 健康生活!
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。