スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『損切リ・塩漬け無用の最強の株投資』 杉村富生

損切り・塩漬け無用の最強の株投資
杉村 富生
4534040091


 株が空前の値下がりをしました。資金がある人は株投資を考えるべき時がやってきました。

 株で儲ける秘訣はひとつ。安い時に買って、高いときに売る。今買えばすぐ上がるわけではないでしょうが、いずれ上がりますから儲かります。この1年くらいの間は買いの時期が続く可能性がありますから、今から勉強しても十分間にあいます。

 紹介する本は、個人投資家が失敗しやすい「損切り貧乏」「塩漬け」を戒めています。

 株が値下がりをした場合、それ以上損をしないために売ってしまうことを損切り、ロスカットといいます。損切り貧乏とは、一時的な下げにあわてて損切りをして、その後の株価上昇での儲けを失ってしまい、なかなか利益を出せない人のことです。

 株価には上昇トレンドと下降トレンドがありますが、それが読めずに目先の上げ下げに振り回されるのがこの損切り貧乏の原因です。

 一方、塩漬けとは株価が下がって含み損を抱えた状態が長く続くことです。塩漬けをする人は、下がった株価はすぐに戻るだろうと高をくくり、売り時を失い、何年も保有し続けるのです。株価が戻らなければ、その資産はなんら益を生み出さないのです。

 この場合は、下げトレンドが読めないために、損切りができずに含み損を長く抱えることになったのです。

 つまり、「損切り貧乏」も「塩漬け」もトレンドを読まずに短期の上げ下げに捉われた結果です。

 一日中パソコンに張り付いて短期の売買で儲けられる人は目先の上げ下げだけを見ていればいいでしょうが、一般的にはそんな売買は無理です。一般的な株の売買では中長期的なトレンドを読むことがとても大事です。

 本書はそんなことを中心に、うまくいったケース、失敗したケースなどを紹介し、売り買いのタイミングの測り方を指導しています。

 今回の株の暴落では売り時を失い、塩漬けになった人が多数います。他に資金があれば安値で買いにいけますが、資金に余裕がないと、5年くらいは身動きできなくなります。そもそも元の高値に戻ることはほとんどないかもしれません。塩漬けの恐ろしさを味わっている人も多いでしょう。

 では、安値で株を買ったらどうすべきでしょう。それはやはり損切り貧乏にならないことです。大きなトレンドにのって持ち続けることが大切です。そのトレンドが読めるかどうかが問題ですが、これほどの安値で買えば失敗は少ないので、強気でいけます。

 今回の下げ相場には金融不安以外にも下げの要因があります。

 「外国人の買いは季節的に9~10月は細ります。この背景には10月がミューチュアルファンド、11月~12月が欧米年金、ヘッジファンドの決済月という事情があるようです。彼らが利益確定の売り、利益圧縮のための損失売りを出すのです。したがって、この時期に株式市場は波乱に陥るケースが多いのです。短期売買ではこうした習性を理解しておく必要があります。」

 ということは、現在、日本の株価は安くなっていますが、外国人投資家の強い買いはないだろうと見ていいのではないでしょうか。下がりすぎたので戻ろうとするリバウンドはあります。それは強い力にはならないような気がします。

 (つづく) 

イチバンやさしい株価チャートの読み方
杉村 富生

イチバンやさしい株価チャートの読み方
損切り・塩漬け無用の最強の株投資 個人投資家のための株価チャート読み方の基本 <入門の入門> 株のしくみ (入門の入門) ズバリわかる!株価チャートの読み方・使い方 デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。