スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹中平蔵が無責任に若者にサクセスストーリーを期待

消費しない20代が日本を滅ぼす!?

竹中 そこで私が声を大にして言いたいことは、こういったミニマム世代の若者に「サクセスストーリーをぜひとも経験してもらいたい」ということです。


 竹中平蔵氏はお金を使わない若者にお金を使わせるには、サクセスストーリーを経験させればいい、と考えました。ここでいう成功とはもちろん経済的成功です。つまりお金を稼ぐこと。

竹中 先ほど言ったように、この世代が小学生のときにバブルが崩壊して、大学の就職活動の時期には超就職氷河期でした。本当に「受難の世代」であったことは事実です。そのため、将来に対するリスクを過大に見積もる傾向がある。これは特に主観的なリスクなので、消費を抑えて将来に備えて貯蓄しようという動きが出てきます。

 でも、イケイケドンドンとは行かないまでも、やはりいくつかの成功体験を積み重ねて行くうちに、「自分はもっと行けるはずだ」「自分はもっと色々なことができるはずだ」という気持ちになれるはず。そうなると、消費に対して前向きな思考が出て来ます。ミニマム世代の人たちは、これまでの人生でそういう経験がなかったんですね。


 バブル崩壊と就職氷河期を見てきた若者はお金をがんがん稼いでがんがん使うようなイメージや経験を持っていないので、成功体験を積み重ねることで、消費するようになるというのです。

 がんばって稼げばお金はもらえるのだから、どんどん使っていも大丈夫だと思えれば、若者だってお金を使うだろうというのでしょう。

 しかし、年寄りが支配しているのがビジネスの世界です。年配者に比べると、若者は安い給料で使われたり、不安定な職場にいます。派遣の規制緩和をして、企業に有利な雇用関係を許しておいて、何を言っているのか、ということです。

 対照的なのが団塊世代です。仕事をやればやるほど給料も上がったし、競争は大変だったけど、それなりのリターンもあった。サクセスストーリーが豊富だったんですね。だから、今のおじさんやおばさんを見ると、若者と比べてすごく元気です。そういった意味でも、若者に色々なサクセスストーリーを経験して欲しい。


 そういう年配者が若者を苦しめてきたのですけど、竹中氏は何を考えているのでしょう。

 その経験の場はやはり企業の職場です。企業も重要な仕事に若者をどんどん登用して行くべきだし、その中で前向きな思考を持った若いリーダーがどんどん出てくればよいと思います。


 そのためにそういう法律や制度が必要です。具体的な施策もなく、どうしてそんな希望を語ることができるのか、不明です。 

竹中 そう。たとえば、仕事に限らず、ボランティアでサクセスストーリーを経験してもらってもよいわけです。そして、新しい考え方のステップに進んでもらう。人生には、お金を稼ぐ面と使う面が両方あります。今後はその「稼ぐ面」において、この世代の動向を見守りたいですね。


 ボランティアのサクセスストーリーって何なのかよくわかりませんが、それがさらに消費性向を高めることとどう関係しているのかもまったくわかりません。

 「この世代の動向を見守りたい」って。見守っているだけで何か変わるのでしょうか。

 竹中氏がひとりで格差社会を作ったわけではありませんが、こんな心配をするのなら、なぜもっと若い人も苦しまないで済むような政治をしなかったのでしょうね。稼ぐ奴がガンガン稼げる社会が彼の理想でしょうから、社会的弱者が大量に出ることは必要悪と考えているのかもしれません。

 竹中氏はオランダのようなワークシェアリングにより全員正社員の社会も考えていたといいます。これは賛成できます。が、実際にはそこことでは何もしていないわけで、そういう状況で低所得者に厳しい税制にしたことはやはり失敗です。

 正規非正規の間に大きな格差があるのなら、累進課税はやむをえないはずです。結果的に社会的弱者である若者が損をする社会を作ってしまいました。それでいて、若者にサクセスストーリーを期待するとは無責任な人です。

 団塊の世代の大量退職により就職がよくなり非正規雇用の問題が掻き消えてしまいましたが、再び不景気により再燃してきそうです。今度の総選挙ではこの問題にどんな対策が語られるのでしょうね。

闘う経済学―未来をつくる公共政策論入門
竹中 平蔵
4797671734


希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く (ちくま文庫 や 32-1)
山田 昌弘
4480423087
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:Cozy
情報処理系講師、フリーライター。減速生活者にしてB級遊民。

Twitterはcozyoffです。
TwilogはCozy(@cozyoff)です。

当ブログへのリンクはご自由に。

名言集および格言集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。